« ル・コントワール | トップページ | パリ土産の夕食 »

2013年1月31日 (木)

Flora Danica

Paris13012101_2

風邪をひいてしまった。
雪用の装備など持たず、足は雪に埋もれっぱなしだったので、さもありなん。

とりあえず、朝食はホテル近くのカフェで。
カウンターに無造作に置いてあるクロワッサンすら美味しい。
それがパリ。

Img_2124

1つ用事を終え、ボン・マルシェへ。

昼食を外で食べる時間も体力もない。
ファラフェルとパセリ主体のサラダを買って、ホテルで食べる。

美味しいけれど、本当は、何か温かいものが食べたかった。

Img_2131

ついでに切り売りのアンドゥイユ・ドゥ・ゲメネも買ってみた。

チーズやボルディエの海藻バター、ピマン・デスペレットも。

いつもは食品売り場に長居をして、あれこれ見て回るのが楽しみなのだが、そうする気力もなく、目についたものをザザっと購入し、足早に済ませる。

Paris13012102

夜は、フライトがキャンセルになったのならと、お誘いいただいたのだった。

シャンゼリゼのデンマーク・ハウスの中にあるフローラ・ダニカ。
デンマーク料理の店だそう。

内装もデンマーク。
アーティチョークがかわいいなあ。
電球が見えないし。
北欧インテリア製品は、使っているところを見る方がそそられる。

Img_2129

魚料理なら、パリで一番!とのこと。

確かに前菜にいただいたスモーク・サーモンやニシンの酢漬け、メインのサーモンも美味しかった。
前菜とメインと両方サーモンでも、全く問題にならないくらいに美味しい。

メインのサーモンはこの店のスペシャリテで、皮面だけカリっと焼き上げた半生仕上げ。
サーモン自体、脂がのっていても全身にくまなく行き渡っている感じで、日本で食べる脂ののった鮭とは違う。
軽さがありつつ旨味が濃いところは、こちらの牛肉にも通じる美味しさだ。

付け合わせに根セロリのピュレも。

リースリングなど、白ワインをいただきつつ、楽しい最終日の夕食となった。
初めてご一緒させていただいた方々なのに、自分は風邪で声がガラガラで、なんだか恐縮しきりだったのではあるが、新鮮な驚きや楽しさに満ちた時間だった。

ありがとうございました!

Paris13012103

シャンゼリゼ通りに面したカフェのほうでは、各種スモークサーモンなどの軽食が取れるうえ、連れてきてくださった方々がパリで一番というデニッシュ・ペストリーが買える。

レストラン・カフェ共に日曜日も開いているというのもありがたい。

ペストリーを買って帰り、次の日の朝食と、機内食にする。
本当にこれ、美味しい。

« ル・コントワール | トップページ | パリ土産の夕食 »

PARIS 出張」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

カテゴリー

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ