« 鑑賞会 | トップページ | 味坊 0次会は馬力 »

2013年1月 3日 (木)

年末年始

130101

遡ること2012年元旦、とある友達の家に集まり、新年を祝った。
そこに登場したのが、スヌ子先生のお節
普段、全くお節には食指が動かないのだけれど、伝統とアレンジとのバランスが巧みなスヌお節には夢中になった。
そもそも、スヌ子先生のお料理が好みだから教室にも通っているのだ。
そんな話を家でしたところ、「お願いできないだろうか?」と言う。
確かに、もはや家では作らなくなってしまい儀礼的にいろいろなところで頼んでみたが、これといった当りがない。

そんなわけで、31日に立派な5段重が届きましたことよ。

130102

ここまでとは!

家族皆で舞い踊らんばかり。

大晦日の食べ過ぎ飲み過ぎでぐったりとした胃袋も、ぐるぐると動き始める。

130103

ちょろぎ入りの皺のない黒豆、ぺぺろん田作り、昆布&柚子〆鯛、数の子のマリネ、いくらに昆布〆カイワレ。

130104

ローストビーフ、中華風アワビには2種類の柚子胡椒。

130105

天使の海老のワイン煮、レバー&胡桃入り松風焼き、伊達巻。

130106

杏煮きんとん、干し柿入りなます、神茂の紅白かまぼこ。

130107

炒り鶏には八ツ頭も。

珍しく元旦の朝が華やいだ。

スヌ子先生、ありがとうございます!!

130108

元旦はその他にこんな感じで。

孫用数の子は土井義春先生レシピ。

130109

氷見から取り寄せた蕪寿司。
分厚い鰤の入ったもの。

お屠蘇は申し訳程度。
二日酔いに障らないよう。

130110

大晦日には、スヌ子先生が別ケースで持たせてくれた黒豆とリコッタをフライング。

これはワインに合うからね。

130111

熊本からは馬刺しが届き、

130112

氷見の鰤を取り寄せた。

130113

スヌレシピのタレでいただくローストビーフは家でも作る。

付け合せはジャガイモ、ニンジン、ニンニク、玉ねぎのオイル煮。

サラダは柿とリンゴとクレソンや春菊などを胡桃オイルとボワ・ルカのビネガーで。

茄子の南蛮漬けも。

その後も脈絡なく料理が並び、食べ続け、最後は年越し蕎麦。

130114

元旦の夜は今年もこちらのお宅へ。

リンクリンのミュラー・トゥルガウ、ヴァンサン・トリコのロゼ。

130115

全員が揃うのを、炒り鶏をつまみに飲みつつ待つ。

130116

海老のガーリック炒めなども。

130117

さて、今年も登場。

130118

マルゲのシャンパンで乾杯。

130119

本日2回目のスヌお節。

やっぱり美味しいねえ。

130120

本当は大晦日に飲む予定だったというヴァイングート・マイヤー・アム・プァールプラッツ、グリューナー・ヴェルトリーナー、ベートーベン・第九ラベル。

130121

干し椎茸でじっくりと出汁を取った鍋が、また旨い。

最後にはうどんを入れて。

130122

神茂、冬限定の煮こごりも。

130123

青サメの皮で作っているそうな。

130124

再度泡を。

クワトロカヴァ。

130125

フレスコバルディのカスティリオーニ・キャンティ 2010。

130126

デザートとして、ラムが効きまくった激甘カスタードのようなものが登場。
アイスと合わせて。

元旦に集まれる友達がいるって、嬉しいことだ。

今年もよろしくお願いいたします!!

« 鑑賞会 | トップページ | 味坊 0次会は馬力 »

ホームでパーティ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

カテゴリー

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ