« やっぱりアヴァン・コントワール | トップページ | ATELIER MAITRE ALBERT »

2013年1月27日 (日)

雪が積もる

Paris13011801

用事があって近所に行ったついでに、マイユでフレッシュ・マスタードを購入。
シャブリ、白ワイン、粒々の3種を。

冷蔵庫で6か月持つそうな。

Paris13011802

仕事が終わる頃には、雪がざんざか降って、地面が真っ白に覆われていた。

おかげで会食の予定は延期。
一度ホテルに戻り、さて、どうするか。
アヴァン・コントワールでない店にもチャレンジしてみよう。
できればより近いところで。

Paris13011803

1人で入れそうな店は、やはりワインバーになるか。

L'ANE ET LA MULE。
飛び込みで。
外から覗いて、席に空きがあるが、ほどほど客も入っているので。
ワインはビオが陳列されている。

他に1人客がいないので、肩身が狭い。

Paris13011804

グラスでデ・カルトロンのサンセール。

給仕のお姉さん、誰に対しても愛想がない。
呼ばないと来ないし。

Paris13011805

そんなお姉さんに「温かいものが食べたい」と訴え、おすすめしてもらった本日のメニュー。
本当はスープが食べたかったのだが、なかった。
遠くの黒板に書かれたフランス語で手書きのメニューなど、解読できるわけもない。

何かを問うと、「肉をキャベツで巻いた」とか。
ロールキャベツのことかえ?

Paris13011806

確かに周りは縮緬キャベツ、中に挽肉的な要素も感じられる。
でも、挽肉とつなぎだけではないものが主張しているよ。
ブロッコリーかな。
むしろそれが軽さを出していて好ましい。

まあ、レンジで温めたものではあるが。

Paris13011807

赤ワインも飲みたい。

「重いのか軽いのか?」と聞くので、重いほうをお願いする。

Chateau Larchereのベルジュラック。

チーズかシャリュキュトリーを食べたかったのだが、大きな盛り合わせしかないと言われ、断念。
確かに、周りの人々はみな、何人かで大皿をつついている。

どうやらお姉さんは愛想がないだけで、不親切ではないようだ。

合計28.00ユーロ。

Paris13011808

なんだか中途半端な気持ちで外に出る。

やはりアヴァン・コントワールに行けばよかったな。
他に1人で楽しめる店も募集中。

雪はまだまだ降っている。

Paris13011809

パリにも雪は積もるのだね。

Paris13011810

やはり珍しいのだろう、はしゃぐ家族たち。

« やっぱりアヴァン・コントワール | トップページ | ATELIER MAITRE ALBERT »

PARIS 出張」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

カテゴリー

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ