« スヌ子のお料理レッスン: 真冬のこっくりイタリアン | トップページ | 夜キャバ »

2013年2月14日 (木)

ラボ

いつもここのカテゴリー分けに悩む。

ブラッスリーっぽいのだけど、パスタも出すし。

何にせよ、このユルさと、それに似合わぬ美味なる料理と酒。
使い勝手の良さは並ぶものなし。

Labo130201

ワインの好みや予算を把握していただいている楽さ。

シャトー・デュ・ユロー、ソーミュール・シャンピニー 2009。

Labo130202

季節の食材のアレンジも自由で、目からウロコなことも頻繁。

牡蠣と白子、春野菜のフリット。
クミンがパラリと。

Labo130203

シーザーサラダなんかの定番メニューも安定して美味しい。

Labo130204

青首鴨の金柑ソース。

ナイスセレクトなお皿。

青首鴨の野生味と、苦甘い金柑とが合うこと。

Labo130205

お決まりなことに、最後に白を。
グラスで、ローラン・シュミットのリースリング 2010。

話したいし旨いものを食べたいしというときの、いつもの店。

« スヌ子のお料理レッスン: 真冬のこっくりイタリアン | トップページ | 夜キャバ »

東京:ビストロ的でもありトラットリア的でもあり」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

カテゴリー

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ