« 鷹匠壽 | トップページ | ダ・オルモ »

2013年2月 6日 (水)

バー・ドラス

鷹匠壽の後、もう少し飲みましょうと、バー・ドラスへ。

1973年のコニャックにやられた。

ワインがハズレのこの年は、コニャックの大当たり年なのだそう。
しかも、一度開けて様子を見て、1年半寝かせて、やっと飲みごろになったと言う。
その味は、角が取れ、パパイヤが香る。
コニャックがこんな風味を持つとは。

80年代のポートも印象深かった。

ストーリーのある酒が飲めるし、その酒は自分の記憶のアクセントになる。

じっくりと店主の話を聞き、香りを嗅ぎ、味を舌に刻み込ませるための店。
だから、大人数で訪れることはできない。
2人までだろうな。

« 鷹匠壽 | トップページ | ダ・オルモ »

東京:他」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

カテゴリー

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ