« 鈴木屋 | トップページ | mewe »

2013年2月25日 (月)

ロッツォ・シチリア

鈴木屋からの

13rozzo0201

ロッツォ。

こちらも開店早々。

13rozzo0202

まずは白。
もちろんボトルで。

おすすめいただいた3本から、

13rozzo0203

シリオのヴァッレ・ガルフィーナ、エトナ・ビアンコ。

まっすぐな美味しさ。

13rozzo0204

ここに来てパネッレを頼まないなんて、ありえない。

シチリアからヒヨコ豆の粉を持ち帰った時、家で作ってみたけど、加熱しながら練るのに難儀した。
作るもんじゃない、食べさせてもらうもんだ。

13rozzo0205

ホウボウのクルードに文旦。

また文旦の季節がやって来ましたな。
この料理には、これくらいの苦味がある柑橘が合う。

13rozzo0206

トマトとジャガイモ、赤玉ねぎやケッパーのサラダ仕立て。

トマトは小さいのと大きいの。
ジャガイモも色々で、黒いジャガイモが入っていたり。
歯ごたえや風味の違いが面白いし、乳化したドレッシングの塩梅が好き。

13rozzo0207

野菜のごった煮の滋味深さには、毎回やられる。

入る野菜がその時によって違ったり。

13rozzo0208

ピエトラドルチェのアルキネーリ 2009。
エトナ・ロッソ。

これ、シチリアに旅行した時、帰りに寄ったローマで買って帰ってきたな。
やっぱり美味しい。

13rozzo0209_2

パスタ・コン・レ・サルデを頼んでいたら、「メニューには書いていないおすすめのパスタがありますよ」というささやきあり。

それ、追加で。

海老出汁爆発の海老とズッキーニ、サフランのフェットチーネ。

13rozzo0210

スパゲッティ・コン・レ・サルデも。

上にふりかけるのは、やはりパン粉ですよね。

鈴木屋後だし、諸事情により最近食事が控えめだったから、なんだか満腹な気がする。

と思っていたら、ご一緒した友達の噂のお姉さまとそのお友達が登場。
面白すぎて、ワインが進む。

13rozzo0211

もう1本いきますよ。

フォンツォーネのグレコ・ディ・トゥーフォ 2010。

13rozzo0212

お姉さまたちは、こちら。

バルジェーラのロッソ・ディ・ヴァルテッリーナ。

13rozzo0213

ここで生ハムって、初めて。
覚えてないけど。

いやー、楽しかった。
CDレビュー的に言うなら、駆け抜ける疾走感。

« 鈴木屋 | トップページ | mewe »

東京:イタリア料理」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

カテゴリー

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ