« 花見 | トップページ | スヌ子のお料理レッスン: 春のスペイン祭り »

2013年4月17日 (水)

ファロ : モリーユとジゴ・ダニョー

Faro130401

年季が明けて、ちょっとほっとした土曜日に、タイミングよくお誘いいただいて、銀座のファロでランチ。

日の光が燦々と降り注ぐ、ゆったりとした店内での食事は、格別。

Faro130402

料理もワインもお任せで。

スプマンテはカ・デイ・フラーティのキュヴェ・デイ・フラーティ・ブリュット 2009。

Faro130403

グリンピースのスープはチーズとの組み合わせ。

Faro130404

次の料理に合わせての白。

ヴェネトのスアヴィア、ソアヴェ・クラッシコ 2010。

ソアヴェと聞くと、シャバシャバした酸味の強いワインかと身構えるが、コクがあり、美味しかった。
樽香も技巧的でない。

Faro130405

出た!

モリーユと白アスパラ。

ご一緒した常連様が、ここのモリーユ料理の大ファンとのこと。

Faro130406

野菜の前菜で、こうやってサーブしてくれるなんて。
うっとり。

Faro130407

ご立派な白アスパラはロワール産。
モリーユのクニクニとして舌にコロコロと当たる食感と、凝縮した香り。
ソースは鶏の出汁。

この満足度の高さといったら。

白アスパラには濃い目のソースが合うね。

Faro130408

次は、桜を意識したロゼ。
アマルフィのものだとか。

サン・フランチェスコのコスタ・ダマルフィ、トラモンティ 2011。

Faro130409

桜鱒のコンフィ、トラパネーゼソース。

パプリカとケッパーの酸味が、ロゼと合う。

Faro130410

ビオらしい風味で、黒いグラスに注がれていたらスコッチだと思うかも?という白。

サルディーニャのアルベルト・ロイ、イゾラ・デイ・ヌラーギ、レイラ 2007。

Faro130411

ラビオリの中身はイベリコ豚のサルシッチャ。
空豆、パルミジャーノ・レッジャーノ。

サルシッチャの熟成した肉の味わいと、粗挽きな肉の歯ごたえが活きている。

Faro130412

ドーン。

メインは4人だからこそ頼める逸品。

Faro130413

ギャートルズ的ジゴ・ダニョー。

もちろん内腿。

Faro130414

トスカーナ、テヌータ・サン・グイードのグイダルベルト 2003。

まるでカツオ出汁のようなアミノ酸。

Faro130415

2か月ほどの北海道産仔羊、ジュとマッシュルームのソースを2層で。

この仔羊、下品にならないギリギリのところまでの獣臭があり、美味しい。
これを世界中に輸出するべきではないかと、そんな話が出るほどに。

Faro130416

さらに、その仔羊のレバー、ハツ、ロニョンまで。

羊の内臓を食べたことって、あったかな?

レバーは瑞々しさがあり、ちょっと鹿のレバーと似ている。
出色はハツ。

Faro130417

デザートはワゴンから。

Faro130418

日向夏のソルベ、キャラメルのジェラート、クレーム・カラメル、マチェドニア、ピスタチオのタルト生地にイチゴ、ババ。

ここのクレーム・カラメルのなめらかさとコクは異常。

Faro130419_2

最後、この日のワインを手書きでリストにしたものをくれた。
こういう心遣い含め、素晴らしいレストランで、行くたびに感動と学びがある。

ありがとうございました!

« 花見 | トップページ | スヌ子のお料理レッスン: 春のスペイン祭り »

東京:イタリア料理」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

カテゴリー

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ