« オーストリアワインに興味あり | トップページ | ル・キャバレー »

2013年4月27日 (土)

徳多和良 >> やたいち >> ジャンジャーオ

下町隊長が、柏にいい店があると言う。
一緒に行きたいねえ。
柏、家から近いのに全然知らない。

なかなか都合がつかないまま数か月。
やっと実行の時。
ああ、取りましたよ、代休。
このために。

と、その店の開店前にどこか寄りますか。

Kitasennjyukasiwa130401

徳多和良!

北千住飲みは何度かしたが、いつもここは終わってしまっていて、未経験。

ド平日の午後なら、余裕で入れる。

Kitasennjyukasiwa130402

ビールで乾杯。

Kitasennjyukasiwa130403

この手書きのメニューがそそる。
片っ端からいきたくなる。

Kitasennjyukasiwa130404

丸茄子酒盗漬。

茄子が酒盗で和えてあるのかと思いきや、揚げ浸しの出汁にほんのりと酒盗が香る。

Kitasennjyukasiwa130405

黒そい刺。

洗いをかけてあるのかな?
ブリンとした歯ごたえが旨い。

菊の花の甘酢漬けが添えられてたり、生ワサビだったり。

Kitasennjyukasiwa130406

ホタルイカ天ぷら。

抹茶塩で。
ワタがソースになる。

飲み物は、サワーをいただきますかね。

Kitasennjyukasiwa130407

キンキ刺。

刺身って、単純に見えて、水っぽかったり、生臭かったりするものを出す店が多い。
家で食べるにも、近所に優れた魚屋がないと難しいから、こういう刺身の美味しい店で食べるのが確実だよなあ。

Kitasennjyukasiwa130408

スズキ白子ポン酢。

スズキの白子ってのは初めてな気がする。
やわらかいものだ。

Kitasennjyukasiwa130409

さあ、常磐線快速で柏に移動。
噂の店、やたいち。

こんなに洒落た店だったのか。

Kitasennjyukasiwa130410

最初から日本酒で。

冷蔵庫やプラケースに日本酒が満載。
酒マスターな隊長に選んでもらう。
これがまた楽しい。

焼酎も充実していたし、ワインもいくつか並んでいた。
どれもちゃんと喜んで飲めるもので、吟味されている。
隅々まで目が行き届いて、おざなりにしていない。

Kitasennjyukasiwa130411

隊長は純米の燗が好みとのこと。
自分としても、燗酒の美味しさに嚆矢で開眼し、深めたいと思っていたところ。
ありがたい。

旭菊の大地。

店主曰く、開けてからしばらく置いたものだそうで、丁度良い頃合いとか。

Kitasennjyukasiwa130412

カウンターに置かれたコレが気になる。

ぜひお願いします。

Kitasennjyukasiwa130413

この日のお通しは、ぎゅっとつまった豆腐。

Kitasennjyukasiwa130414

石鯛の刺身。

ねっとりと濃厚。
つまはキュウリ。

おでんの店なのだそうだが、他の料理も美味しくて、おでんを食べずに終わってしまったりするとか。

Kitasennjyukasiwa130415

ハンダマの煮びたし。

モロヘイヤのように糸を引く沖縄の野菜。

Kitasennjyukasiwa130416

鳥取の辨天娘。

Kitasennjyukasiwa130417

カウンターにあったのは、メヒカリの一夜干し。

頭からハリハリと難なくいただける。

周りはカリっと、身は繊細ながら脂がノリノリ。

Kitasennjyukasiwa130418

天ぷらはシソ巻き白魚、島らっきょ、若いコーン、よもぎ。

Kitasennjyukasiwa130419

シソで巻いた白魚の天ぷらが美味しいこと。

言われなければ、みっしりの白魚でなく白身の魚かと思う一体感。
シソの風味で、白魚の目玉っぽさを感じない。

Kitasennjyukasiwa130420

開春、西田。

Kitasennjyukasiwa130421

龍睡。

西のお酒にあまり興味がなかったのだけど、燗にすると美味しいと知る。
奥深い。

Kitasennjyukasiwa130422

天ぷらに添えられたハワイの塩がつまみにもなることを発見。

Kitasennjyukasiwa130423

春キャベツの塩昆布もみ。

Kitasennjyukasiwa130424

おでんはその日のおすすめを3種盛り合わせで。

イカスミで真っ黒なスミイカのボール、大根、厚揚げ。

出汁も旨いわ。
じんわり。

Kitasennjyukasiwa130425

次の料理に合わせて何か、とお願いして出てきたのが、酸味一体の竹鶴。

Kitasennjyukasiwa130426

なんだこの色!?

酸味はもちろん、クセが強い。

Kitasennjyukasiwa130427

それが、この鴨と合わせると、ビタッとはまる。

鴨の脂や、中華料理を思わせるような甘めのソースと合う。

日本酒でもワインでも、お酒を飲むのは、こういう面白さがあるからだ。

Kitasennjyukasiwa130428

生もとのどぶ。

どぶって米度が高すぎて好きでなかったのだけど、燗にすると甘さが抜けて美味しいのか。

Kitasennjyukasiwa130429

ホタルイカの沖漬け。

ボンタンのジャムを添えたゴルゴンゾーラチーズを頼んだのに、写真を撮り忘れてる。

Kitasennjyukasiwa130430

合わせて飲む用に出してくれた、どうくつ熟成酒と合わせたら、驚くほどピッタリだったのに!
まるでバニラのような香りになるのだ。

このお酒単体だと、ちょっと硫黄を感じる。

Kitasennjyukasiwa130431

デザートとして、スイートポテトをくれた。

Kitasennjyukasiwa130432

それまた、紹興酒のような風味を持つ天遊琳とがっちり握手。

Kitasennjyukasiwa130433

いやー、いいね。
さすが、隊長のおすすめに間違いはない。

なんだよ、わざわざ遠出しなくても、近所にあるじゃないか。
家族でも来よう。

さて、開始が早かったから、まだ時間がある。
この楽しい気持ちをもっと味わっていたい。
でも、店を知らない…。近くで育って、住んでいるのに。

あ、行ったことないし、駅からちょっと離れているけど、時々前を通って気になっていたタイ料理屋はあるんすよね。
あの場所だから、タイの人が本気でやってるんだろうし、けっこう前から続いてるってことは悪くないってことかも。
でも、雨だしねえ。

「せっかくだから、行ってみましょうよ!」と隊長。
その志やよし。
行きましょう。

Kitasennjyukasiwa130434

テクテクテクテク。
途中でインド系親子経営のエスニック食材屋で盛り上がったりしつつ、到着したのはジャンジャーオ。

Kitasennjyukasiwa130435

この居抜き感、期待できる。

Kitasennjyukasiwa130436

そうそう、今まで美味しかったタイ料理屋は、どこも脱力なデコレーションであった。

まずはビール。

料理を頼むと、かわいいママが「辛いの大丈夫(ニヤリ)?」と。

Kitasennjyukasiwa130437

海老のヤム登場。

見た目からして辛い、そして旨そう!
ハーブごっそりで、本場に美味しいタイ料理が柏で食べられるとは。

Kitasennjyukasiwa130438

コムーヤン。
豚の頬じゃなくて首肉か。

これまたちゃんと首肉。

Kitasennjyukasiwa130439

薬草のスープのクイッティアオナームは、鶏がなくて牛のを。

八角が香り、台湾の牛肉麺っぽい。

この店、メニューが豊富だし、それ以外の料理の引き出しも多そう。
仲よくなったら楽しいに違いない。

雨が強くなっていたので、優しいママが傘をくれた。

隊長のおかげで、地元を見直しましたよ。
ありがとうございます!
精進します。

というわけで、千葉県山側在住のくいしんぼうを大募集中。

« オーストリアワインに興味あり | トップページ | ル・キャバレー »

大人の遠足」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« オーストリアワインに興味あり | トップページ | ル・キャバレー »

カテゴリー

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ