« 浅草飲み食い散歩 | トップページ | 熱帯音楽酒場 Los Barbados »

2013年4月13日 (土)

ブテイユ

美味しそうな料理の写真をTwitterでみつけた。
湯島の店だという。

東側在住者としては、行かねばならぬ。
その思いを伝えたところ、お食事会を設定してくれましたとさ。
ありがとうございます!

Tb130301

白レバーのパテ、白ポルト酒風味。

なんとまろやかな。

Tb130302

シャンパンはドラピエ。

好きな銘柄だ。

Tb130303

前菜として盛り合わせられた3種の3種ともが、はっとする美味しさ。

鶏のバロティーヌの中心には、シソと梅。

海老パンのバターの旨さ。

滑らかなポタージュ。

Tb130304

春牡蠣の香草バター焼き。

こういったものは塩辛いことが多いのだけど、ここのは塩分が控えめ。
でも必要十分で、旨味が濃い。
塩でごまかさなくてもよい料理。

Tb130305

ワインはおすすめを伺う。

まずは白。

Tb130306

ポール・ペルノのシャルドネ 2011。

Tb130307

ペルー産ホワイトアスパラガスのグリル、生ハムとミモレットのサラダ仕立て。

Tb130308

4人だと、ワインもすぐに空く。

次のおススメをお願いします。

Tb130309

ラングドック、ロルチュのピク・サン・ルー 2010。

Tb130310

生桜エビと春キャベツのクリーム生タリアテッレ。

桜エビのハリハリした食感が好きだ。

Tb130311

そば粉のガレット、4種のチーズとハモンセラーノ、半熟卵入り。

その日のメニューにあって、頼まずにはいられなかった。

Tb130312

自家製ブーダンノワールのテリーヌ、バナナのコンフィチュール添え。

軽やかでやさしい味のブーダン。

Tb130313

はい、次。

Tb130314

シャトー・ラグランジュのレ・フィエフ・ド・ラグランジュ 2001。

Tb130315

メインは鴨。

バルバリー鴨のロティ、グランマニエ風味のオレンジソース。

全ての料理が塩梅良く、心遣いを感じる。
こういう店が近所にあったら良いだろうなあ。
家族で来たいものだ。

« 浅草飲み食い散歩 | トップページ | 熱帯音楽酒場 Los Barbados »

東京:フランス料理」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

カテゴリー

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ