« 猪の脚1本 | トップページ | スヌ子のお料理レッスン: サンドイッチでピクニック »

2013年5月14日 (火)

隊長壮行会 @ ともすけ

我らが隊長がタイで料理修行をするという。
滞在予定は10カ月。
寂しくなるのう。
10カ月って案外すぐだけど、でも、長い。

実は敷居が高い下町で、リラックスして飲み食いできたのは、隊長のおかげだ。
どこでも常連で、かわいがられている。
食べるべきもの飲むべきものを知り尽くしているうえ、同行する人の好みに配慮して、押し付けることをしない。

集中力と記憶力が凄まじく、国や値段を問わずにあらゆるワインを、そして日本中の日本酒を飲み、データベースは計り知れない。
聞かれるまではそれを出さない賢さもある。

限定せずに気になるものをよく食べ、よく飲み、好きなものを好きと言う。

やらかすときは、全力でやらかす。

そんなこんなで尊敬して余りある友達の門出ですから、祝いますよ。

Yukorin130501

場所はともすけ。
ここの料理は、ここでしか食べられないから。

常連さま、アレンジその他、ありがとうございます!

Yukorin130502

乾杯!

Yukorin130503

モンテロッサのプリマ・キュヴェ。

Yukorin130504

この日のお通しは、新大豆と新黒豆のやわらか煮、リコッタチーズとパルミジャーノ和え。

Yukorin130505

8人だから、ボトルもすぐに空く。

勝沼醸造の祝、甲州。

日本も中国も西洋も混ざる家の食事に役立ちそう。

Yukorin130506

カルチョーフィと香菜とペペロナータ。

Yukorin130507

ペペトナータを細く切っているのもポイントだな。

Yukorin130508

蒸したコシアブラ、ヤマアサツキ、行者ニンニクをアンチョビで。

山菜の苦味とアンチョビがビチっとハマる。

Yukorin130509

バッカラマンテカート。

クリーミーだけど軽やか。
ここの料理は、輪郭がくっきりとしているところが好きだ。

Yukorin130510

骨までつぶした真イワシのパテ。

ジャコ天のような香ばしさ。
オリーブオイルとバルサミコで、生臭さはない。

Yukorin130511

そのパテがパンと合うんだ。

Yukorin130512

まだ白。

フランツ・ハースのピノ・ビアンコ。

Yukorin130513

アジは初夏の風味のタルタラ。
ミョウガ、エシャロット、新生姜入り。

魚の新鮮さにも目を見張る。

Yukorin130514

カンパチの蒸しマリネ。

ドライトマトと一緒に口に入れると、新しい美味しさ。
よくこの組み合わせを思いついてくれました。

Yukorin130515

エルメス・パヴェーゼのブランド・ド・モルジェ・エ・デ・ラ・サッレ。

隊長がワインを嗅ぎ、味わい、述べる感想は、いつもクイズの答えのようで楽しみ。
それもしばらくお預けか。

Yukorin130516

しばらく来られなくなるなら、やはりこれも食べないと。

ウニ入りトラパネーゼソースのタリアテッレ。

Yukorin130517

自家製ふきのとう味噌とペコリーノチーズのタリアテッレも。

がっつりと苦いのに、白味噌が入ったような繊細さもあるふきのとう味噌だからこそ。

Yukorin130518

ジャガイモ、ケッパー、春キャベツ、アンチョビ、バジルの入ったジャガイモのパイ。

Yukorin130519

ケッパーとバジルがいい仕事してる。

Yukorin130520

そろそろ赤かね。

ヴァルディカーヴァのロッソ・ディ・モンタルチーノ。

Yukorin130521

オニオンブイヤベースグラタンスープ。

魚介出汁炸裂。
落ち着くわー。

Yukorin130522

アズィエンダ・カザーレのヴィーノ・ノービレ・ディ・モンテプルチャーノ。

Yukorin130523

順序完璧!
ここでこれを出してくれてありがとうございます。

辛口トマトソースのカサレッチェ。

リセットされた。

Yukorin130524

牛スジ肉と鶏肉のやわらかほぐし、サスサヴェルデソース。

Yukorin130525

ピアッジャの、イル・サッソ・カルミニャーノ。

Yukorin130526

牛すね肉の白ワイン煮込み、牛モツ入り。

ソフリットの甘さ。

Yukorin130527

これも食べておかなくちゃ。

ミョウガとエシャロット、山羊のチーズのリゾット。

Yukorin130528

白に戻ろう。

レ・ヴィーニェ・ディ・ザモのチンクアンタンニ。

赤の後でも、全く違和感がない。

Yukorin130529

さらに、カサル・ファルネートのチマイオ。

Yukorin130530

時間ぎりぎりまで一緒に飲み食いし続けよう。

山羊のチーズの盛り合わせ。

甘く煮た蕗が山羊のチーズと合うなんて。

Yukorin130531

最後はニコシアのジビッボ。
シャープな甘さ。

あー、ともすけは今日も美味しかった。

そして、笑ったなあ。
大人になってこんな友達ができるとは、いまだに不思議だ。

隊長、いってらっしゃい!

SNSで繋がり続けていられる今、世界は狭い。
タイからのレポートを楽しみにしています。

10か月後、東京でまた集まって飲み食いするのが、今から楽しみで仕方がない。

« 猪の脚1本 | トップページ | スヌ子のお料理レッスン: サンドイッチでピクニック »

東京:イタリア料理」カテゴリの記事

東京:ビストロ的でもありトラットリア的でもあり」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

カテゴリー

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ