« 三社祭 | トップページ | ペーストトラパネーゼの活用 »

2013年5月20日 (月)

いなかむら そして 大竹

Inakamura130401

ウェルカムバック!

Inakamura130402

そうそう、この雑多なビル。

Inakamura130403

脱力なメニュー。

Inakamura130404

ユルいお通し。

それがタイ料理の名店、いなかむら。
微妙な店名とは裏腹に、とにかく旨い。

このお通しのピーナッツは、後から辛さ対策に役立つことになる。
計算されているわけではあるまい。

Inakamura130405

トートマンクンも、海老のすり加減が絶妙。
なめらかだったり、プリっとしていたり、ムラがあるのが美味しい。

この日は5人で。

Inakamura130406

ネームはサラダ仕立て。

Inakamura130407

ネーム自体はもちろん、揚げた米、何のハーブを入れるか、そのふんだんさも重要なんだなあ。

ネームサラダ of my life。

Inakamura130411

今回も特別にお願いして、ワインを持ち込み。

タイ料理に合ったのが、サザナミ・ビアンコ。
ファランギーナ。

Inakamura130408

コームーというのは豚の頬肉だったか?

タレも旨い。
それだけでつまみになるほどに。

Inakamura130409

ガイトード。
鶏のハーブ揚げ。

揚げたこぶミカンの葉とレモングラスもパリパリ食べる。
鼻に抜ける香りに法悦。

Inakamura130410

コブクロのヤム。

これ、自分にはコブクロの内臓度が濃すぎた。
お好きな人にはたまらないかと。

Inakamura130412

マヴィで買ったカベルネは、コームーと好相性。

Inakamura130413_2

この日の最強メニューなのが、揚げたナマズのラープ。

Inakamura130417

このハーブのごっそりさ。
骨までパリッパリに揚げたナマズのむっちりとした白身。
味付けの塩梅の良さ。

Inakamura130414

発泡な白ワイン、イル・ポッジョ。

Inakamura130415

豚のいろいろな部位の入った辛くない麺。

スープの深さでちょっと落ち着く。

ここで、2人が撤退。

Inakamura130416

残った3人で、つまみに干した牛肉の揚げたの。

いやー、やっぱりこの店好きだ。
写真を見ていると、思い出して唾液が出る。

さて、まだ時間的に余裕があるから、小岩のもう一つの名店にご案内いただこう。

Inakamura130418

前から来てみたかった大竹。

Inakamura130419

ハイボールだっけな。

ご案内役の隊長にすべてお任せ。

Inakamura130420

レバーの焼き加減、タレの味付け共に完璧。

こりゃ旨い。

Inakamura130421

ぬたも、まっとうに美味しい。

Inakamura130422

お漬物も。

Inakamura130423

盛り合わせてもらったどれもが、もれなく美味しくて、

Inakamura130424

景色がまた、いいんだよ。

なんだこの居心地の良さ。

常連な隊長に連れてきてもらったからなのかと思いきや、全員が初めてという人たちも、ゆったりとくつろいでいた。
客あしらいが程よいし、だからか、お客さん同士の交流がありつつも、しつこさがない。

この店が近所にあったら、どんなに助かることか。

次回は1軒目として来たい。

隊長、いつも素晴らしい店をご案内いただき、感謝に堪えません。

« 三社祭 | トップページ | ペーストトラパネーゼの活用 »

東京:タイ料理」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

カテゴリー

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ