« ル・キャバレー | トップページ | 家飯 »

2013年5月 2日 (木)

フォートグリーン

Fortgreen130401

行ってみたいと思っていたお店、フォートグリーンでのお食事に加えていただく。
無精だから、気になっていても自分で予約を取って会を企画するということができない。
こういう機会があると、本当にありがたいのです。

この日は4人で。

Fortgreen130402

なんだこの素敵空間!

カウンターにわずか10席ほど。
すでにフラリと訪れるということは無理な人気っぷりらしい。
さもありなん。

Fortgreen130403

どこを撮っても絵になる。

置いてある本も気になるし。

Fortgreen130404

まずはグラスでシャンパンを。

ジャン・フランソワ・ローネ。

ローズベーカリーの「HOW TO BOIL AN EGG」って、中も見てくればよかった。

Fortgreen130405

ノンアルコールドリンクにも魅かれた。
グラスがかわいい。

Fortgreen130406

ワインをボトルで。

おすすめいただいたものの中から、

Fortgreen130407

コント・ラフォンのマコン・ミリー・ラマルティーヌ 2009。

Fortgreen130408

セロリレムラード。

セロリは根セロリだね。
カリッカリの飴がけ胡桃入り。

Fortgreen130409

ニシンとジャガイモのテリーヌ。
新玉ねぎのトマト煮込み添え。

具合がいいなあ。

Fortgreen130410

赤ピーマンのシェリーヴィネガーマリネにロカマドールチーズ。

こりゃ旨い!
赤ピーマンの甘さ、マリネのやわらかな酸味、シェーブルのコクとクセ。
しっくりとまとまっている。

Fortgreen130411

鴨とグリーンペッパーのテリーヌ。

なめらかな中にゴロリと肉の塊が。
アンディーブのサラダ添え。

Fortgreen130412

ベイクショップのパンも食べなきゃ。

歯ごたえの緩急がきっぱりとして美味しい。

Fortgreen130413

グリンピースのオムレツ。

莢から出たてのようなグリンピース。

Fortgreen130414

赤ワインのおすすめから、

Fortgreen130415

レニャーのムーラン・ア・ヴァン 1997。

Fortgreen130416

この日、一番印象深かったのが、このミートボール。
空豆と一緒に軽くトマト煮込みされてる。
ほんのりとパプリカ的な辛味。

きめ細かなのに、どこかラフでもあって、妙に美味しい。
1人でふと立ち寄って、野菜系の前菜とコレを食べて、ちょっと赤ワインを飲んだりしたら、その日がすごく良い一日だったと思えそう。
そんな味。

Fortgreen130417

カジキマグロのコンフィはトマトと、下にアスパラ。

Fortgreen130418

バヴェットステーキの赤身っぷりが好み。
やわらかいのに脂臭くなく、旨味凝縮。

ブロッコリーのグラタンと。

Fortgreen130419

グラスで赤を。

ドメーヌ・ソーヴァのピノ・ノワール。

Fortgreen130420

チーズの盛り合わせ。

Fortgreen130421

一緒にやってくるパンもいいねえ。

Fortgreen130422

デザートを食べる方々は、にっちりしたチョコレートとナッツのを。

Fortgreen130423

さらにグラスで白。

ドメーヌ・デセニュー。

Fortgreen130424

ご一緒した人から、そそるスパイスオイルをいただく。

近所にあって欲しい店。
全てがイイ。

ありがとうございました!

« ル・キャバレー | トップページ | 家飯 »

東京:ビストロ的でもありトラットリア的でもあり」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

カテゴリー

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ