« 麺好き | トップページ | Assanabel レバノン料理 »

2013年6月23日 (日)

笹吟

Sasagin130601

聞きしに勝るそそりまくりの手書きお品書き。

裏面の和え物たちなんて、もう、片っ端から食べたいよね。

Sasagin130602

代々木上原の笹吟。

こういう良い店は、お通しにも心を振るわせられるものがある。

青菜とイカ、貝の煮浸し。
エーデルピルスで乾杯。

Sasagin130603

アスパラとさくらんぼのサワークリーム和え。

こんな品名をみつけたら、頼まずにはいられないじゃないか。

食べてみると、まさにそのままの味で、なんだか、特に珍しいものを食べているとは思わせない馴染みっぷりなのだけど、自分からは決して思いつけない組み合わせ。
これに触発されて素材の組み合わせに柔軟になれそうな、そういう料理だ。

Sasagin130604

日本酒行きましょう。
大将に「さっぱりしたものを別々で」とお願いする。

上喜元のからくち、磯自慢の特別本醸造。

Sasagin130605

〆鯖とおかひじきのにんにく酢和え。

食べる前から絶対に美味しいってわかってても、食べたらやっぱり高揚する。

Sasagin130606

お造り3種盛り合わせ。

〆鯖、初鰹、生とり貝。

Sasagin130607

ちょっとしっかりめで。

喜久泉の吟醸、南の無濾過純米中取り。

Sasagin130608

はい次。

東北泉の雄町純米、長珍酒造の純米60。

Sasagin130609

天ぷら盛り合わせ。

Sasagin130610

今までいただいたお酒に対する我々の反応を見ながら、大将がおすすめを出してくれる。

喜正の純米吟醸と醸し人九平次。

Sasagin130611

料理も追加していこう。

ホワイトアスパラとベビーコーンのバターソース。
なんとジュージーな一皿。
野菜とバターの甘さ。

Sasagin130612

賀茂茄子の煮おろし。

Sasagin130613

新政の6号、出羽桜のつや姫。

近所にお住まいなのだろう、年配の男性が1人で、カウンターで楽しそうに飲み食いしていたり。

Sasagin130614

セロリの酢漬け。

Sasagin130615

鶏レバー燻りと生ザーサイの黒胡椒和え。

Sasagin130616

再度お造り3種盛り。

真だこと石がれい昆布〆と、なんだっけ?

Sasagin130617

太平海の袋しぼり、飛露喜の特別純米。

そろそろ記憶が途切れ始めてる。

Sasagin130618

レバーチーズ。

これ、ホームパーティなんかで持ち込みたい。

Sasagin130619

鴨とホワイトセロリのグレープフルーツ和え。

まだまだ食べたいけど、終電のお時間です。
泣く泣く撤退。

このメニューのうちにもう一度行かないと!
鱧もシャコも食べられてないよ。

« 麺好き | トップページ | Assanabel レバノン料理 »

東京:和食」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

カテゴリー

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ