« 四文屋なん八 | トップページ | 菜香 »

2013年6月 8日 (土)

スヌ子のお料理レッスン: なんとなく北米

Snu130601

今日のテーマは「なんとなく北米」とのこと。

ぼんやりしてんなあ。

Snu130602

広く北米大陸を意味するらしい。

というわけでアメリカンチェリー。

Snu130603

スヌ先生から教えていただいたこのパイ生地、美味しいんすよねえ。

さらにハニーとマスタード。

Snu130604

そこにトマトと各種スパイス。

すでに食べたい。

これをオーブンで焼いている間、別の料理へ。

Snu130605

ワイルドライスって、料理するところを初めて見る。

生はまるで井草のような匂い。

そして知る。マコモダケって、茸じゃないの!?

Snu130606

鮭を瞬間塩漬けしつつ、トウモロコシの実を切り、

Snu130607

スープに。

出汁を取るためのポイントを教わったり。

Snu130608

ちょいちょいチェックして、膨らみを抑えつつ温度を下げる。

Snu130609

茹でられたワイルドライスに味付け。

Snu130610

と、いい具合に焼き上がり。

Snu130611

鶏の下処理なぞ。

Snu130612

バチバチ跳ねる脂にへこたれず、じっくりこんがりと皮を焼く。

Snu130613

冷めたところで、ワイルドライスと具を混ぜ、完成。

Snu130614

こちらは、あえて不統一に切って準備万端。
美味しそう。

Snu130615

アメリカンチェリーは、メープルシロップと合わせて、鶏のソースになるんですってよ!

Snu130616

イソイソ。

Snu130617

まずは泡。
もちろん、アメリカの。

ドメーヌ・サン・ミッシェルのブラン・ド・ブラン。

Snu130618

晴れ渡った梅雨の中休みに最適な、明るい食卓。

Snu130619

いただきます。

Snu130620

サーモンコーンチャウダー。

出汁を使わなくても、こんなに深い味わいになるのですなあ。
サーモンの臭みは皆無。
ごっそりとコーンとサーモン、アスパラも入って食べごたえがある。

Snu130621

ワイルドライスのサラダ。

しっかりとした歯ごたえの穀物が好きだ。

和な印象なのは、オクラ入りだから?
時間が経っても美味しいだろうし、具によって変化をつけられる。

Snu130622

チェリーメイプルチキン。
シャレてるのに手軽。

鶏胸肉がしっとり。
コクはベーコンで。
甘酸っぱいソースは、色々な肉に活用できそう。
フルーツを変えても良いだろうし。
ローズマリーが欠かせないんだな。

Snu130623

このシャルドネのトロピカル感が、トマトのスパイスパイと合うこと。

シャトー・サン・ミッシェルのインディアン・ウェルズ、シャルドネ。

Snu130624

スヌ先生がおまけレシピのクリスピーメープルタフィを作り始めた。

Snu130625

じゃあ、CODの追加ワインをいただこうかね。

ザ・ヴェルヴェット・デヴィルのメルロー。

Snu130626

クリスピーメープルタフィはそのままでもワインにぴったりで美味しいが、スヌ先生おすすめのマリチャの黒胡椒をカリカリと齧りながら食べるのが最高。

この胡椒、コーヒー会社のプロデュースだけあって、歯ごたえがちょっとコーヒー豆っぽい。
丸ごと数粒が歯で難なく砕ける。
カリッとした歯ごたえと、辛さよりも香りが先に来て、その余韻が長いことに驚く。
ドライフルーツやチーズと一緒に齧っても、焼いた肉に砕かずに散らしても美味しいだろう。

Snu130627

参加者の人が持参したこの新浜せんべいも旨い。
胡麻せんべいの胡麻度の高さは半端ない。

« 四文屋なん八 | トップページ | 菜香 »

スヌ子の料理教室レポ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

カテゴリー

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ