« 7月生まれの会 | トップページ | おく谷 »

2013年7月28日 (日)

タイ料理の鉄人 @かえるハウス

Kaeru130701

扉を開けるとそこは、かえるハウスだった。

洒落たインテリアのそこかしこにかえる。
庭にもかえる。
そんなお宅で3人のタイ料理マスターが腕を揮う会が開かれるのだそうだ。
しかも、うち1人はインドネシア料理マスターでもあるという。

ビールやワインなどは全てかえるご夫妻が手配してくださるとのこと。
ありがたや。

Kaeru130702

時間を間違えて1時間早く着いちゃいました。

シンハーを飲みつつ、準備の見学。

まずは、お馴染みタイマスターくみこさんのお料理から。

揚げた小魚とピーナッツ。
揚げバイマクルーの香りの良いこと。

Kaeru130703

くみこさんのこの料理、大好き。

豚の耳やwarmerwarmerさんの野菜を、

Kaeru130704

ナムプリックガピや、

Kaeru130705

タイ産青唐辛子のナムプリックでいただく。

特にガピが好きなんだよなあ。
アンチョビに通じるものがある鄙びた旨味の凝縮。

Kaeru130706

さらにタレ。

奥は自家製スイートチリ。

Kaeru130707

カツオはアボカドのヤムと一緒に食べる。

Kaeru130708

春巻きの皮に豚肉とトウモロコシ。
スイートチリをつけて。

Kaeru130709

他の2人のマスターたちは遅れているけど、ひとまず乾杯。

Kaeru130710

クリスチャン・ビネールのクレマン・ダルザス 2008。

ワインは銀座屋酒店の店主さんに「タイ料理に合わせて」とセレクトしてもらったものだそう。

Kaeru130711

カボチャの蔓って、初めて食べた。
あのホコホコと粉っぽい口当たりがある。

かなり辛い味噌的タレで。

Kaeru130712

ヴァンサン・リカールのル・プチオ 2011。

Kaeru130713

アントワーヌ・ジョバールのブルゴーニュ・ブラン 2011。

Kaeru130714

マスター2人がやってきた。

くみこさんともども、料理開始。

Kaeru130715

こちらは、揚げたゆで卵をトマトチリソースで絡めたインドネシア料理。

検索したら、ブンブバリというものの様子。

インドネシア料理って、ナシゴレンとサテくらいしか知らないから、本格的なものを食べられて、うれしい。

Kaeru130716

カオマンガイのご飯も、鶏出汁だけでなく、ハーブたっぷりで炊く。

Kaeru130717

モロー・ノーデのシャブリ。

Kaeru130718

カイランと豚のサラダ。

Kaeru130719

サテ登場。

豚のサテと、魚3種くらいのサテの2種。

Kaeru130720

つける自家製サンバルソースのフレッシュなこと。

土産でもらって持て余すものの筆頭格ながら、ちゃんと作ると美味しいのですなあ。

Kaeru130721

裂いて揚げたレモングラスののった海老のヤム。

タイ料理は清涼感ある香りが楽しい。

Kaeru130722

キクラゲと柑橘類のヤム。

皆様のおかげさまで、ヤムの幅広さを知った。
具によって使うハーブが異なり、多様だ。

Kaeru130723

シャトー・ド・ロレのクレマン・ド・ロワール。

Kaeru130724

ヴァンサン・リカールの泡。

Kaeru130725

さらに泡。

アルベール・マンのクレマン・ダルザス 2011。

Kaeru130726

来た!

カオマンガイ。

Kaeru130727

鶏しっとり。
でも、香り高いご飯にタレをつけて食べるだけでも旨い。

Kaeru130728

カラヴァリオのサリーナ・ビアンコ 2011。

Kaeru130729

スパイスとハーブをまぶして焼いた鶏。

Kaeru130730

えーと、そろそろ記憶が…。

Kaeru130731

ゼリージュ・キャラヴァンのヴェルヴェット。

Kaeru130732

ルイ・ジュリアンのヴァン・ド・ターブルは1リットル。

Kaeru130733

豚のスープでほっと一息。

Kaeru130734

ドメーヌ・ド・ラ・ヴィエイユ・ジュリアンヌのドーマン、ル・セカトゥール 2009。

Kaeru130735

久しぶりの四恩。

クレマチスのロゼ。

Kaeru130736

鶏のグリーンカレーは素麺で。

Kaeru130737

シャトー・ラ・バロンヌのル・ノワール No2。

Kaeru130738

ル・オー・メドック・ド・ジスクール 2008。

記憶、この辺りからないです。

Kaeru130739

イカとセロリの炒め、食べたんですねえ。

Kaeru130740

作ってるところも写真撮ってますねえ。

Kaeru130741

美味しそうだこと。

Kaeru130742

まだ飲みますか。

Kaeru130743

窓辺まで。

いやー、美味しかった!楽しかった!
タイ料理をこうやって食べさせてもらうようになって、その真価を知った。
以前は、どこで食べても不味くはないが感動もないという括りだったが、もはや吟味された確実な店にしか行けない。
今回は、インドネシア料理に対する興味が喚起されもした。
かえるご夫妻、マスター様たち、そして、ご一緒した皆様に御礼申し上げます。
またぜひ末席に加えてください。

どうやって帰ったのかわからないが、電車に乗らずにタクシーで帰ったと思しき金額の領収書が残されていましたよ。
まあ、それ以上の価値がある会だったということで。

« 7月生まれの会 | トップページ | おく谷 »

ホームでパーティ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

カテゴリー

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ