« ドン・チッチョ | トップページ | 鎌倉・葉山飲み食い合宿:2日目 »

2013年8月25日 (日)

鎌倉・葉山飲み食い合宿:1日目

前の鎌倉遠足では、まだまだ食べたい店がたくさんあって、後ろ髪を引かれる思いで帰路に就いた。
やはり鎌倉は遠い。
これは泊りしかないな。

ということで、泊りがけで鎌倉・葉山を飲み食いすることにする。
とある土曜日。

まずは、鎌倉に来る目的でもあるオルトレヴィーノ

Kmkr130801

ワインはオススメをうかがいつつ。
まずはアドリアーノ・アダミのプロセッコで乾杯。

料理はイートイン限定のものもある。

インゲン豆、パプリカとソフリット和え

茹で芋とサバマリネ

イカのタルタルはドライトマト、ディル、バーベナと

ビーツを練りこんだフクシャピンクのパスタはジャガイモとタレッジョチーズのトルテッリ、バター、セージ、パルミジャーノで

黒キャベツと自家製サルシッチャのトマトラグーをタリアテッレで

ローズマリーとセージのプレゼンテーションが美しかったのが、細かなハーブパン粉を纏わせた仔羊ロースト

脂が美味しいポルケッタ

ジャガイモのフライ

舞茸のグリル

チーズ盛り合わせには、洋ナシをくっつけて発酵させたものや、クランベリー風味のゴルゴンゾーラも

Kmkr130802

アオスタのレ・クレーテ、シャルドネ。

Kmkr130803

サンドロ・ファイのヴァルテッリーナ・スーペリオーレ、コスタ・バッサ 2009。

料理もワインも店の設えも、すべてのセンスの良さに、今回も感嘆。
わざわざ来る価値のある店だ。

さて、次の目的地に向けて歩こう。
辛かったら途中でタクシーを拾えばいいと思ったら、流しのタクシーがほとんどいない。

Kmkr130804

疲れてきたところで、気になる店を発見。
前回はなかったよね?

ラ・コシーナ・デ・ゲン

Kmkr130805

スペインバルか。

Kmkr130806

感じがいい。

Kmkr130807

鎌倉ビールで喉を潤し、

Kmkr130808

カウンターにあったピンチョをつまむ。

作り置きで乾燥していたけど、スペインらしいカスカスしたパンと具の塩梅が本場っぽい。
夜に改めて来てみたいと思わせるものがある。

Kmkr130809

暑いが、散歩が楽しい街だ。

Kmkr130810

ロング・トラック・フーズ到着。

Kmkr130811

福田里香さんご本人がいらっしゃって、かき氷をやっていた。

Kmkr130812

手作りのシロップを全て少しずつかけて、

Kmkr130813

最後は和三盆。

Kmkr130814

かわいい!

Kmkr130815

好きなスプーンでどうぞというセンスがまた、洒落ている。

Kmkr130816

それぞれの味も、組み合わさったところも美味しくて生き返る。

また食べたいなあ。

Kmkr130817

せっかくですから、海も見ておきますかね。
浜には若者がみっちり。

エスニックな料理屋が並ぶ屋台村的なところに座る。

Kmkr130818

なぜここにしたかというと、シンハーの生ビールがあったから。

Kmkr130819

一応、何か食べてみますかね。

Kmkr130820

ソムタム。

まあ、普通。

Kmkr130821

ブラジル屋台にちょっとそそられて、

Kmkr130822

リングイッサ。

Kmkr130823

海辺で食の選択肢があるということが大事なんだ。

Kmkr130824

そろそろ夕暮れ。

日帰りの1人を鎌倉駅に送り、

Kmkr130825

姉さんオススメの居酒屋、いさむ

商店街を脇道にそれたところ。

Kmkr130827

女性のみでやっていて、やわらかな居心地の良い店。

Kmkr130826

ビールと、お通し。

Kmkr130828

小アジの南蛮漬け。

酢の具合がいいねえ。

Kmkr130829

夏野菜のぬか漬け。

Kmkr130830

地アジの干物。

小ぶりで旨味がぎゅっとつまっている。

Kmkr130831

カウンターにはお湯をはった溝があり、日本酒を自分好みに燗する。
こりゃ、揚がる。

Kmkr130832

鶏肉とピーマンの塩麹炒め。

限られたメニューながら、どれも丁寧に作られた家庭料理でホッとする。
近所に住んでいたら、家族でちょろっと立ち寄って夕食をとったりするんだろうな。

Kmkr130833

確か、エレベーターというメニュー。
名前の由来を聞いたのに、忘れてしまった。

カリッカリのお揚げに大根おろし。

Kmkr130834

ジャコとネギの入ったトロトロ和風オムレツ。

Kmkr130835

日本酒を追加して、酒盗も。

さて、今夜は長いよ。

Kmkr130836

ビルの2階、コマチーナの横にあるブルールームへ。

Kmkr130837

地ビールを飲み、きゅうりとパクチーのサラダ。

Kmkr130838

ピッツァ・マルゲリータのSサイズ。

さほど期待していなかっただけに、美味しくてびっくりした。
もっちりとした縁と薄い中央部、具と生地の香りの融合。

Kmkr130839

移動途中、ジェラテリア・イル・ブリガンテの前を通ったら、まだ開いている。

売り切れてしまったフレーバーが多いので、お店の方のオススメに従い、ベルガモットとコケモモの2種にする。

ベルガモットを先に食べ、口に入れてしばらくは呼吸をするようにとのこと。
言われた通りにベルガモットを一口。
その香りの強さに圧倒される。
しばらくは自分からベルガモットが香っていたのではないか。

コケモモもとろりと美味しかった。

次の日に再訪して別のフレーバーを試さなかったのが悔やまれる。

Kmkr130840

ちょっと歩いてオイチイチ

Kmkr130841

カウンターには、1人で来ている地元のお客さんたち。
手作り感と海沿いらしいリラックスしたセンスのある店内。

Kmkr130842

この日の日本酒の中から、強力。

Kmkr130843

歯ごたえが楽しいコリンキーの和え物、干した小さなイカ。

Kmkr130844

きんぴら。

作りたい味が明確にイメージできて作られた料理な気がする。
海の後、家に帰る前にふと立ち寄りたくなる感じ。

お店の方に本日の趣旨と回ってきた店の話をして、どこに行ったらよいかを聞いてみる。
と、まったく知らなかった店の名前を挙げるではないか。
しかも、説明してくれた場所はさっき前を通って気になっていたガード下のような商店街の中。

Kmkr130845

他の店は閉店している小さな寂れたような商店街に煌々と灯る提灯。
カウンターは満員、外の席もうまっている。
常連さんと思われるお客さんが世話を焼いてくれ、外に席を作ってくれた。

バタバタしているお店の方たちに注文を通してくれたりで、ありがたい。
世話を焼いた後は放っておいてくれるものいい。

Kmkr130846

その常連さんのオススメなつくねとおつまみ盛り合わせ、他にレバー焼きとタコ刺し、おでんのワカメ。

Kmkr130847

特に美味しいというのではないが、なんだか楽しい。

Kmkr130848

洒落た店が続いたから、ちょうどこういう雑多な雰囲気に触れたくなっていたところ。

さあ、そろそろ〆るかね。

Kmkr130849

パンダバル

遅い時間まで開いている店が少ないからか、混んでいる。

ここでは何を飲んだんだっけ?
白ワインだったような。

揚げたて芋のパタタスブラバス。

Kmkr130850

トウモロコシのコロッケ。

次回はもう少し早めに来てみたいものだ。

舟をこぎ始めた人がいるから、宿に向かおう。
鎌倉の宿はどこも満室で、大船だ。
大船でどこかもう1軒とも思ったが、入りたくなるような店を見つけられず、うろつくには酔い過ぎている。
というわけで、1日目終了。

« ドン・チッチョ | トップページ | 鎌倉・葉山飲み食い合宿:2日目 »

大人の遠足」カテゴリの記事

日本:東京以外」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

カテゴリー

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ