« シャトー・メルシャン 1973 | トップページ | しし座会 @ ロッツォ »

2013年8月 5日 (月)

アルドアック

Aldac130701

代々木八幡・公園のスペイン料理、アルドアック

2階にあるカウンターのみの店に3人で。

料理はコースが5,000円と7,500円の2種類、ワインも料理に合わせたものを出すグラスワインメニューがあるそうだ。
5,000円のコースと、それに合わせたワインをお願いする。

Aldac130702

まずはカヴァで乾杯。

ゴルネール。

Aldac130703

枝豆ののったトウモロコシのフラン。

フランとはいえ、もったりとしたスープのようなやわらかさ。
冷たいトウモロコシのスープって、メジャーな料理だけど、これは群を抜いて美味しい。
トウモロコシの甘さとフレッシュに香るオリーブオイル、塩味というよりミネラルの岩塩的な味わいの混ざり具合に驚いた。
岩塩の味はするが、粒はない。
3つの要素が完全に混ざりきらないマーブルのように合わさっていて、一匙ごとに主張するものが異なる。
どうやったら、こんなことになるのだ?

Aldac130704

イワシのマリネ、チーズ、ソースはシェリーを煮詰めたもの。

Aldac130705

ワインはエデターナ・ブランコ。

Aldac130706

アホ・ブランコ。

アーモンドとニンニクのスープで、シェリービネガーの酸味が効いている。
ニンニクがひっそりと旨味を加えていて、品が良い。

生ハムやマスカット、ブルーベリーという具の組み合わせも秀逸。

Aldac130707

どの皿も美しい。

Aldac130708

パプリカにタラの詰め物。

何度か食べたことがある料理だが、ここのには目を見張った。
なめらかな詰め物とパプリカが一体化している。
ソースもパプリカのソースで、チーズが入っているのか、コクがある。

Aldac130709

ミニなマッシュルームに詰め物、ラルド、アリオリ系ソース。

小さいのに香るなあ。

Aldac130710

カステル・デル・レメイのオダ・ブラン。

Aldac130711

次の料理には、ロゼのような白。

ロシャレル・ペネデスのLXV・チェレッロ・ヴェルメル。

Aldac130712

イカ墨パエーリャ。

Aldac130713

イカ墨ご飯系で感動したのは初めてかもしれない。

イカ墨の甘さとコクが活かされつつ、キレがある。
米粒のように小さく切られたイカがどの一口にも入り、食感面でも楽しい。

で、添えられたアリオリソースのクリーミーさ。
ニンニクの辛味が排除され、洗練されている。

Aldac130715

メインには軽やかな赤。

キンタ・ダ・ムラデージャのアランダ。

Aldac130714

大和豚のコンフィ、パプリカと豚の肉汁、シェリービネガーのソース。

裂けるような赤身。

Aldac130716

1人はシェリーを合わせてもらっていた。

さて、コースではデザートなのだけど、あまりの美味しさにまだまだ食べたいという気持ちが抑えられない。
21:00以降はアラカルトを注文できるから、いっときましょう。

Aldac130717

ギンディージャの酢漬け。

Aldac130718

先ほどのアリオリソースで茹でたジャガイモを和えたものがある!

アリオリとジャガイモだと知ってはいたが、予想を上回る完成度。
ああ、この店、クセになるぞ。

Aldac130719

グラスワインも追加で。

ボデガス・アバニコのテンペスタード。

Aldac130720

他の2人はイネディットを。

Aldac130721

メニューにはないけど、カツオのたたきがありますよと。
もちろん、いただきます。

キュウイにバルサミコ、赤ワインビネガー、パセリにゴマ。
キュウイか。マネしよう。

Aldac130722

ロゼを。

クルス・デ・ピエドラ。

Aldac130723

本日のパエージャはカボチャ。

Aldac130724

真イワシの酢漬け。

ねっとり。

Aldac130725

それに合わせるのが、チャコリのロゼ。

Aldac130726

チャコリパフォーマンスも完璧。

Aldac130727

トマトのオーブン焼き。

Aldac130728

そろそろコースに戻って、デザートかチーズを。

チーズはスペイン3種の盛り合わせ。
メンブリージョが自家製とは。

Aldac130729

デザートは桃のコンポートにライチのソルベ。

Aldac130730

食後酒もお願いし、マエストロ・シエラのオロロソとパチャラン・バサラーナ。

このパチャランのアニスの香りが、桃のコンポートにぴったり。

その場で次も予約した。
毎月来たい。

本当に美味しいと感じるときは衝動のようなもので、ただ旨さに痺れる。
それを噛みしめるために、どこがどう美味しかったのかを後付で考える。

いやー、震えたなあ。

« シャトー・メルシャン 1973 | トップページ | しし座会 @ ロッツォ »

東京:スペイン料理」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

カテゴリー

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ