« 東京湾花火大会鑑賞会 | トップページ | ドン・チッチョ »

2013年8月20日 (火)

ラムサイウア会

Saiua2130801

とうとうコレまで入手しましたか。

タイの屋台にある大きさ。

Saiua2130802

お馴染みのキッチンスタジアム的ハウスで、第2回サイウア会。

ラムでサイウアを作ったら、さぞかし美味しかろうと。

もちろん今回も四谷三丁目のサイウアおばさんが指南役。
家主様がサイウアおばさん推薦のネットショップで必要なものを全て揃えてくれた。

Saiua2130803

まずはサイウアペースト作り。

Saiua2130804

美味しそうな香りが充満。
ちょっと目に来る。

Saiua2130805

ラム肉に豚の背脂、サイウアペースト、ハーブを手袋をして捏ね合せる。

Saiua2130806

このまま食べたいくらいだ。

Saiua2130807

背脂はもう少し多く入れたほうがよかったねと。
硬くて、腸詰作業に難儀した。

Saiua2130808

ご立派。

腸詰作業はガイド役が肝だ。
手慣れたサイウアおばさんのおかげで、空気も入らず、完璧な仕上がり。

Saiua2130809

さあ、焼いている間に乾杯しよう。

前菜はヘパリーゼ。

Saiua2130810

ゴーヤとミョウガ、シラス、マヨ、ポン酢、鰹節のサラダ。

Saiua2130811

2日連続でオギノのパテだなんて、贅沢。

Saiua2130812

パンは西荻窪のラ・プルミエ・プゥッス。

Saiua2130813

この酢漬けたち、酢と塩の加減が好みだったのですが、どこのでしたっけ?

特にザワークラウトは後から大活躍。

Saiua2130814

焼き鮭のヅケ。

麹っぽい香りもして、美味しい。

Saiua2130815

ビールの後は、ベリー・ブラザーズのシャンパン。

Saiua2130816

サイウアおばさんは、イカのタイ風炒め上手でもある。

Saiua2130817

クンオップウンセンもあるらしい。

Saiua2130818

そそる!

ラムサイウアがこんがり焼けました。

Saiua2130819

真ん中の黒い玉は、腸詰めできなかった余りを丸めたもの。
途中で取り出さなかったから、焦げた。

Saiua2130820

ハーブがザックザク。
ラムのクセとサイウアのスパイシーな香りの相乗効果。

Saiua2130821

タイでもラムで作ったりするのだろうか?
これだけピタリと合うのだから、するに違いない。

次回は、豚とラムの両方を一度に作って食べたいものだ。

Saiua2130822

サイウアにぴったりだったのが、オレンジ色のルミエール・オランジェ。

Saiua2130823

クンオップウンセン。

旨味を吸い込んだ春雨。

Saiua2130824

四恩醸造の瑞雲 2012。

初めて飲む発泡のロゼなのだが、大爆発。
天井まで吹き出し、半分になってしまった。

開けるときはよく冷やし、少しだけ開けたところで閉め、落ち着くのを待つというのを何度も繰り返すこと。

Saiua2130825

ハラミの塊に切り込みを入れ、サイウアペーストを塗りこみ、上からバイマックルー。

サイウアおばさんの発案によるお試しメニュー。
どんな仕上がりになるか、楽しみだ。

Saiua2130826

自家製レバーペーストや、

Saiua2130827

黒オリーブとマッシュルームのペースト。

Saiua2130828

ヤムママーの達人によるヤムママー教室。

Saiua2130829

ジャンクで旨い。
だがそれがいい。

Saiua2130830

失敗から学び、溢れさせずに開けました。

レ・ヴァン・コンテのパウ・ブロップ・ウィッズ。

Saiua2130831

お!美味しそうじゃないか。

Saiua2130832

でも、このままだとペーストが肉に負けてる。

Saiua2130833

さすが、サイウアおばさんはそれを見越して肉用ナムチムを作っていた。

これをプラスすると、味の焦点がビシっと定まる。

あっという間にハラミ完食。

Saiua2130834

肉には、ドメーヌ・ドゥ・ロクタヴァンのアルボワ・レ・コルヴェ 2011。

Saiua2130835

スープ好きなのを知って用意してくれているとはありがたい。

冬瓜とドンコの滋味スープ。

Saiua2130836

四恩はクレマチスの橙 2009も。

Saiua2130837

嚆矢で食べて以来お気に入りの虎鯖。
百貨店に出店していたのを買っていてくれた。

脂ノリノリで、そのまま生わさびと醤油で食べるのも美味しいが、

Saiua2130838

発見してしまいましたよ。

虎鯖にキュウリのピクルス、ザワークラウト、パクチー、マリチャの黒胡椒、生わさびで食べるのが美味。

これは1つの料理だね。

Saiua2130839

エメリー・シュール・ダルクのクレマン・ド・リムー。

Saiua2130840

タイのはちみつが味わい深くて、ブルーチーズが練りこまれたパンと共に。

Saiua2130841

スパイスが入ったグリッシーニのような食感のパンも。

Saiua2130842_2

道具は使わないとね。

Saiua2130843

先ほどの鮭が入ったソムタム。

Saiua2130844

パオロ・カーリのマンドラゴーラ。

Saiua2130845

食べつつ飲みつつ作りつつが楽しい。

にしても、そのバターの量?

Saiua2130846

メープルシロップも入って、甘じょっぱい。
罪悪感満載ながら、食べるのを止められない海老と鶏肉とセロリの炒め物、セルバチコ添え。

Saiua2130847

チャヴォリッチ(?)のペコリーノ。

Saiua2130848

ジローラモ・ルッソのエトナ・ロッソ 2010。

Saiua2130849

6人だったよね?

しかも、途中で1人別件に旅立ったよね?

Saiua2130850

さらにスープ。

トマトとパクチー入り。

Saiua2130851

で、まだ飲む。

グルフィのネロブファレフェル 2007。

皆様、ありがとうございました!
サイウア会、定例化してください。

« 東京湾花火大会鑑賞会 | トップページ | ドン・チッチョ »

ホームでパーティ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

カテゴリー

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ