« アルドアック | トップページ | 落語後の新橋いし井 »

2013年8月10日 (土)

しし座会 @ ロッツォ

Rozzo130801

久しぶりのロッツォ・シチリア。

Rozzo130802

奥のテーブル席を貸し切って、料理教室つながりな人々の大宴会。
自分を含む、しし座のお誕生日会を開いてくれるそうな。

ありがたい。

Rozzo130805

ワインはもちろん、イケメンにお任せ。

乾杯はデューカ・ディ・サラパルータ。

Rozzo130803

特別なメニューまで作ってくれている!

幸せですよ。

この時点は、まさか本当にベロベロで帰ることになるとは、思っていなかったなあ…。

Rozzo130804

さあ、食べよう飲もう。

Rozzo130806

カラヴァリオのサリーナ。

Rozzo130807

やはりマストなパネッレ。

熱々を手づかみでホクホクと。

Rozzo130808

茄子のカポナータ。

アグロドルチェっぷりが、シチリアだなあ。

Rozzo130809

本日のベストだと言う人多数なのが、サバの軽い燻製にキウイ、キウリ、ミント、茶豆のマリネをのせたもの。

Rozzo130810

コッタネーラのエトナビアンコ。

Rozzo130811

お、

Rozzo130812

なんと!

Rozzo130813

サザエ、ホタテ、ムール貝とスイカのサラダ。

大人数で来てよかった。

Rozzo130814

最後にオリーブオイルを一匙。

Rozzo130815

食べるほどに美味しい。

小さいころ、スイカには塩をふって食べたね。
貝の旨味とシャリっと甘いスイカをつなぐのが、塩とオリーブオイル。

Rozzo130817

かわいいカップは、このお酒のノベルティだとか。

Rozzo130816

ピアナディチエリのカタラット。

Rozzo130818

ロッツォで肉料理!?

金華豚のアリスタとクレソン、白インゲン豆のサラダ。

ローズマリーのペーストが埋め込まれたローストポーク。
下のサラダも旨いね。

Rozzo130819

ブラティーナといろいろなトマト。

Rozzo130820

やわやわのモッツァレラは香る。

Rozzo130821

グルフィのヴァルカンツィリア。

Rozzo130822

さあ、パスタだ。

Rozzo130823

タリオリーニ・アッラ・ノルマ。

リコッタサラータをかけてくれているのがうれしい。
シチリアだもの。

Rozzo130824

テヌータ・デッラバテのシャルドネ。

Rozzo130825

大鍋が登場。

Rozzo130826

金目鯛、白イカ、エビのリゾット。

しみる。

この緑は何だっけ?
味的に活躍していたのに。

Rozzo130827

グラーチのエトナ・ロッソ 2009。

ふと見ると、カウンターに知った顔が。
たまたま食事に来ていた友達たちに遭遇して、テンションが上がる。

Rozzo130828

メインが肉!

和牛のインヴォルティーニ。

Rozzo130829

肉を肉で巻いている。

細かいパン粉が香ばしい。

Rozzo130830

やった!

憧れの名前入り赤パン君。

皆様、ありがとうございます!

Rozzo130831

さて、酔っぱらったので、電車を放棄。
別件後に合流してくれた友達にも会えたうれしさで、ますます酔う。

そろそろ記憶のテープが切れかかってます。

白に戻って、イル・ポッレンツァのブリアネッロ。

Rozzo130832

フレスコバルディのベネフィツィオ。

Rozzo130833

自家製食後酒各種が出ているのに、

Rozzo130834

なぜ?

Rozzo130835

パスタ・コン・レ・サルデをスパゲッティで。
って、コレ、確実に自分のオーダーだ。
すごくよくわかる、その気持ち。

さぞや美味しかっただろうに、覚えていないって、悲しい。

なぜか、どうやらそこまで酔っぱらっているようには見えないらしく、自分でもその時なりに状況判断をしている節がある。
料理やワインの感想も話しているそうだ。
で、節度も限度もないから、突き進んで食べ続けたり飲み続けたりするのだけど、次の日、猛烈な満腹と二日酔いで目が覚める。
飲んでいる途中で気持ち悪くなったり、寝ちゃったりする人は、そこまで飲まないから二日酔いがないと言う。
どちらがマシなのか?

ともあれ、ここの料理は、「シチリアだったら、こうあってほしい」というお約束がきっちりと守られているのが好き。
魚介モノにはチーズを使わないのが鉄則だけれど、代わりのコク出しにパン粉を用いたり。

Rozzo130836

ダンテ・リヴェッティのブリッコドーロ。

Rozzo130837

まだ飲むんだ。
おぼろげながら、率先してお願いしていた記憶がございます。

ジーニのラ・フロスカ。

Rozzo130838

フリット・ミスト…。

飲むだけってのはできないんだよね。
知ってるよ。
野菜で揚げてるとか、食べたいよね。

近所にお住まいで、ロッツォが家の食堂化している方が駆けつけてくれて、楽しかったことは覚えています。

Rozzo130839

この赤は何だい?

ロッツォの皆様、そして、これだけの大きな会を一人で仕切ってくれた幹事様に心からの御礼を申し上げます。
参加の皆様、これに懲りず、またぜひご一緒してください。

祝われるのが苦手だけど、知ってる人も知らない人も、みんなで集まって飲み食いするのは楽しいねえ。

なお、ここで何か約束をしておりましたら、覚えておりませんので、お知らせください。

« アルドアック | トップページ | 落語後の新橋いし井 »

東京:イタリア料理」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

カテゴリー

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ