« タイ祭り@かえるハウス 再び | トップページ | アルドアック 再訪 »

2013年9月17日 (火)

おかめ

Okame130901

友達がたびたび一人飯で来て、その美味しさをTwitterで叫んでいるのが気になりまくっていた代々木上原のおかめ。

どの駅からも離れている。

Okame130902

念願叶って、コの字カウンターにご一緒させていただく。

おでん以外のメニューも美味しいとか。
このお通しからして納得。

サッポロビールで乾杯。

Okame130903

関西風の透明な出汁がうれしい。

常連な友達のおすすめに従いつつ。

Okame130904

シメサバ。

レア寄りなシメ具合、サバ自体の質の良さ、「ここのが一番だと思ってる」と言うのもわかる。

Okame130905

海老しんじょ揚げ。
「真女」と書かれていた。
個性ある毛筆のメニューを見るのも楽しい。

Okame130906

このタコのおでんにやられた。

薄切りした生のタコを皿に並べ、そろりと出汁を注いでその熱でうっすらと火を通す。

今まで食べたことのないタコのおでんで、今まで食べたどれよりも好きだ。
生でいて生でない、そんな火の通り。
コリコリくにゃりと甘く、ほんのりと出汁を含む。

Okame130907

日本酒は山形の花羽陽で、純米吟醸と本醸造。

Okame130908

昆布と大根の美味しさは言わずもがな。

クリーンな牛筋には、一片の臭みもない。

Okame130909

穴子の揚げ出汁。

揚げ力も高い。

Okame130910

ぬか漬けは生姜醤油で。

ちょっとしたことなのに、はっとさせられるなあ。

Okame130911

自家製鮎のパテ。

鮎の個性である苦さはありつつ、その身の青い瑞々しさのほうが立っている。
ちびちびと、日本酒がすすむ。

Okame130912

豆腐のおでんも、繊細さを残して。

Okame130913

石ガレイの刺身。

本当に、何を食べても美味しい。

Okame130914

シメの炭水化物を必要としない体質でも、あのおでんの出汁で茶漬けなら、頼まずにはいられない。

海苔茶漬け。

ここのことをFBにあげたら、「そこ、大好き」というコメントを寄せてくれる人々あり。
多くの人にとって、ふと行きたくなる良い店なのだな。
その気持ち、すごくよくわかります。

ああ、あのタコおでんが食べたい。

« タイ祭り@かえるハウス 再び | トップページ | アルドアック 再訪 »

東京:和食」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

カテゴリー

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ