« アヴァン・コントワール | トップページ | 引っ越し »

2013年10月 3日 (木)

ラ・ダム・ド・ピック

Ladamedepic130901

今回、出色のレストランはLa Dame de Pic

ちょうどこの出張前にパリを旅行していたグルメな方が絶賛。
そのつながりの別のグルメな方は、本店とも言えるヴァランスの三ツ星、Maison Picを、これまた絶賛。

この方々の推薦なら、行かねばなるまい。

Ladamedepic130902

ゆっくりと昼食を取れそうな日が1日あり、ウェブサイトを通じて予約。
前日にはコンファメーションの電話があった。

開店と同時に入店。
その後、あっという間に満席に。

Ladamedepic130903

グラスでシャンパンを。

ビルカール・サルモンのピックオリジナルシャンパン。
ペイネのイラストがかわいい。

これ、買って帰るとかできるのだろうか?

Ladamedepic130904

お通しは、カレークリームとカリフラワー(だったような)のピュレ。

カレーとはいえ、品が良い。

Ladamedepic130905

バターはアジアのスパイスが入っているそう。
燻製香。ピヤーシっぽくもあり。

Ladamedepic130906

ワインはオススメに従い、初めから赤で。

ドメーヌ・コンビエのクロ・デ・グリーヴ 2010。

メニューが変わったばかりで、香りを嗅いでから始めるものはないそう。
3人のうち、1人は皿数の少ない49ユーロのコース、我々は79ユーロのもの。

柚子など、和の素材を使ったものがちらほらと。

Ladamedepic130907

酢漬けにした赤大根やカブ、根セロリなどに燻製卵黄身、

Ladamedepic130908

抹茶マヨネーズと、下にはカボチャのピュレ。

生な黄身とカボチャが混ざり合ったまろやかさと、ハリハリとした酢漬けの野菜とのバランスが良い。

Ladamedepic130909

こちらは、サーモンに赤カブ、ホースラディッシュ。

Ladamedepic130910

79ユーロのメニューには、ムール貝とズッキーニ、ペルー産エストラゴン。
下の白いムース的なものは根セロリだったか?

ムール貝の味の凝縮されていること!
薄く長くスライスしたズッキーニの火の通し加減も絶妙。
エストラゴンがしめる。

Ladamedepic130911

さらに赤。

アラン・ヴォージュのコルナス、ヴィエイユ・ヴィーニュ 2008。

Ladamedepic130912

豚肉にイチジクのコンポート、茄子のピュレ、トンカ豆。

Ladamedepic130913

周りはカリッ、中はしっとりで、脂の臭みは抜けていても、旨味は濃い。
豚の角煮を連想させるが、ちゃんとフランス料理。

ここの料理はどれもポーションが大きめでカジュアル。
その実、手間がかかっているのがわかるし、食後感が洗練されている。

Ladamedepic130914

美味しい料理は、話を盛り上げる。
チーズの盛り合わせをプラス12ユーロで。

サヴォアのチーズ3種に添えられたジュレのうちの1つが、余市ウィスキー。
アルコールも残っていそうなほど、ウィスキーそのままのジュレ。
それがシェーブルと組み合わさると、アルコールの香りが消えて、甘さと奥行きが残る。

Ladamedepic130915

ミラベル、カモミール、ヴァン・ジョーヌのタルト。

Ladamedepic130916

バニラ、ベリー、アマレットのクリーム。

Ladamedepic130917

プティ・フールには、あずきとキャラメルクリームを挟んだ抹茶マカロンと、ココナッツマシュマロ。

なんという満足度の高さ。
再訪必至。

ご一緒の方々にも感謝を。
またぜひに。

« アヴァン・コントワール | トップページ | 引っ越し »

PARIS 出張」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

カテゴリー

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ