2013年10月 4日 (金)

引っ越しました

これはこのままに、続きはこちらに引っ越しました。

まだ慣れないのですが、アドバイスをくださった方々に御礼申し上げます!

2013年9月15日 (日)

タイ祭り@かえるハウス 再び

Thaikaeru130901

またお邪魔させていただきました。

Thaikaeru130903

この日は、タイ帰りのくみこさんによるタイ料理祭り。

上野で飲み食いした後に直行。
すでに酔っ払いだけど、大丈夫かね?自分。

Thaikaeru130902

くみこさんはチープでかわいい食器まで持参。
盛り上がる。

Thaikaeru130910

タイからやって来た魚のディップ、ナンプリックヌムは、本場な辛さ。
たくさんのハーブやスパイスが絡み合って、深い。

Thaikaeru130904

初めて食べる野菜もあったり。

Thaikaeru130905

茹で卵の下にはナス。

ピーナッツ&揚げたバイマックルーも。

Thaikaeru130906

ブドウの下には牛肉のヤム。

何度かいただいているが、そのたびにため息が出る美しさ、美味しさ。

くみこさんのタイ料理は、辛さもギリギリまで控えてあって、砂糖もほどほど。
野菜、肉、魚などの元々の味と発酵調味料、ハーブやスパイスの香りを引き出す料理で、タイ料理に対する意識が変わる。

Thaikaeru130907

レバーと砂肝のヤム。

ねっとりしたレバーとコリコリの砂肝の組み合わせ。

Thaikaeru130908

白ウコンとナッツのヤム。

Thaikaeru130909

白ウコンというのは初めて食べた。
生姜のような歯ごたえで、でも、あの辛味はなく、ほんのり苦い。

ナッツやホムデン、揚げたタマネギと一緒に。

Thaikaeru130911

ワインは今回も、かえるハウスご夫妻が銀座屋酒店で仕入れてくれたそう。

フランツ・ソーモンのミネラル 2009。

Thaikaeru130912

うわー!!
家で出てくる料理ではないですな。

むっちりとしたタイの丸揚げに甘酸っぱく爽やかな青マンゴーのサラダ。

Thaikaeru130913

フェウド・アランチョのインツォリア 2012。

Thaikaeru130914

海老の甘いこと。
火の通し具合が絶妙。

Thaikaeru130915

ここで、本日のスペシャルゲスト、may先生の料理が登場!
贅沢すぎるでしょ。

お米で乳酸発酵させた豚肉の唐揚げ。

発酵から出た酸っぱさと濃い旨味にのけぞる。

Thaikaeru130916

飲むよ飲むよ。

シャウ・エ・プロディジュのソーヴィニョン。

Thaikaeru130917

ラ・グランジェットのピクプール・ド・ピネ。

Thaikaeru130918

魚のスープ。

じんわりと乳化した美味しさ。
ハーブの苦いような香りとのコントラスト。

Thaikaeru130919

A&P ド・ヴィレーヌのブルゴーニュ・ブラン 2011。

Thaikaeru130920

ココナッツミルクとイカワタのイカ炒めと、

Thaikaeru130921

ナスの入ったガパオが出てきたら、

ご飯にのせるしかないでしょ!

で、ご飯にのせるなら、

Thaikaeru130922

may先生のタイ揚げ卵教室。

驚くほど大量の油に、割った卵をそっと挿入。

Thaikaeru130923

油をかけて火を通し、

Thaikaeru130924

淵がこんがりしてきたら完成。

実際に目にして初めて、頃合いを掴むことができた。

Thaikaeru130925

ぐちゃぐちゃ混ぜて食べるのが、たまらんのですよ。

Thaikaeru130926

さらにネームを、

Thaikaeru130927

卵と炒める。

Thaikaeru130928

タイ料理の美味しさは、多様な味覚の組み合わせですなあ。

塩味、甘味、酸味、辛味に強弱をつけつつ、すべてを盛り込んで効かせる。
抑えない。

Thaikaeru130929

そろそろ記憶なし。

カーヴ・イレルギー、再度飲んで、どんな味か知りたいなあ。

Thaikaeru130930

シャトー・マラン。

前回も、ボルドーのワインを飲んだあたりの記憶がないんだ。

Thaikaeru130931

豆苗とモッツァレラのサラダを食べたんですね。

Thaikaeru130932

気を失いそうなタクシー代の領収書が残されていましたが、悔いなし。

くみこさん、かえるハウスご夫妻、may先生、そして、ご参加の皆様、美味しい楽しいひと時をありがとうございました!
次も期待しております。

と、くみこさんは渋谷のmeweでタイ料理イベントを開催予定。
キャンセル待ちが出る盛況ぶりだとか。
生憎の出張予定。
イベントの延期を願って止まない。

2013年8月20日 (火)

ラムサイウア会

Saiua2130801

とうとうコレまで入手しましたか。

タイの屋台にある大きさ。

Saiua2130802

お馴染みのキッチンスタジアム的ハウスで、第2回サイウア会。

ラムでサイウアを作ったら、さぞかし美味しかろうと。

もちろん今回も四谷三丁目のサイウアおばさんが指南役。
家主様がサイウアおばさん推薦のネットショップで必要なものを全て揃えてくれた。

Saiua2130803

まずはサイウアペースト作り。

Saiua2130804

美味しそうな香りが充満。
ちょっと目に来る。

Saiua2130805

ラム肉に豚の背脂、サイウアペースト、ハーブを手袋をして捏ね合せる。

Saiua2130806

このまま食べたいくらいだ。

Saiua2130807

背脂はもう少し多く入れたほうがよかったねと。
硬くて、腸詰作業に難儀した。

Saiua2130808

ご立派。

腸詰作業はガイド役が肝だ。
手慣れたサイウアおばさんのおかげで、空気も入らず、完璧な仕上がり。

Saiua2130809

さあ、焼いている間に乾杯しよう。

前菜はヘパリーゼ。

Saiua2130810

ゴーヤとミョウガ、シラス、マヨ、ポン酢、鰹節のサラダ。

Saiua2130811

2日連続でオギノのパテだなんて、贅沢。

Saiua2130812

パンは西荻窪のラ・プルミエ・プゥッス。

Saiua2130813

この酢漬けたち、酢と塩の加減が好みだったのですが、どこのでしたっけ?

特にザワークラウトは後から大活躍。

Saiua2130814

焼き鮭のヅケ。

麹っぽい香りもして、美味しい。

Saiua2130815

ビールの後は、ベリー・ブラザーズのシャンパン。

Saiua2130816

サイウアおばさんは、イカのタイ風炒め上手でもある。

Saiua2130817

クンオップウンセンもあるらしい。

Saiua2130818

そそる!

ラムサイウアがこんがり焼けました。

Saiua2130819

真ん中の黒い玉は、腸詰めできなかった余りを丸めたもの。
途中で取り出さなかったから、焦げた。

Saiua2130820

ハーブがザックザク。
ラムのクセとサイウアのスパイシーな香りの相乗効果。

Saiua2130821

タイでもラムで作ったりするのだろうか?
これだけピタリと合うのだから、するに違いない。

次回は、豚とラムの両方を一度に作って食べたいものだ。

Saiua2130822

サイウアにぴったりだったのが、オレンジ色のルミエール・オランジェ。

Saiua2130823

クンオップウンセン。

旨味を吸い込んだ春雨。

Saiua2130824

四恩醸造の瑞雲 2012。

初めて飲む発泡のロゼなのだが、大爆発。
天井まで吹き出し、半分になってしまった。

開けるときはよく冷やし、少しだけ開けたところで閉め、落ち着くのを待つというのを何度も繰り返すこと。

Saiua2130825

ハラミの塊に切り込みを入れ、サイウアペーストを塗りこみ、上からバイマックルー。

サイウアおばさんの発案によるお試しメニュー。
どんな仕上がりになるか、楽しみだ。

Saiua2130826

自家製レバーペーストや、

Saiua2130827

黒オリーブとマッシュルームのペースト。

Saiua2130828

ヤムママーの達人によるヤムママー教室。

Saiua2130829

ジャンクで旨い。
だがそれがいい。

Saiua2130830

失敗から学び、溢れさせずに開けました。

レ・ヴァン・コンテのパウ・ブロップ・ウィッズ。

Saiua2130831

お!美味しそうじゃないか。

Saiua2130832

でも、このままだとペーストが肉に負けてる。

Saiua2130833

さすが、サイウアおばさんはそれを見越して肉用ナムチムを作っていた。

これをプラスすると、味の焦点がビシっと定まる。

あっという間にハラミ完食。

Saiua2130834

肉には、ドメーヌ・ドゥ・ロクタヴァンのアルボワ・レ・コルヴェ 2011。

Saiua2130835

スープ好きなのを知って用意してくれているとはありがたい。

冬瓜とドンコの滋味スープ。

Saiua2130836

四恩はクレマチスの橙 2009も。

Saiua2130837

嚆矢で食べて以来お気に入りの虎鯖。
百貨店に出店していたのを買っていてくれた。

脂ノリノリで、そのまま生わさびと醤油で食べるのも美味しいが、

Saiua2130838

発見してしまいましたよ。

虎鯖にキュウリのピクルス、ザワークラウト、パクチー、マリチャの黒胡椒、生わさびで食べるのが美味。

これは1つの料理だね。

Saiua2130839

エメリー・シュール・ダルクのクレマン・ド・リムー。

Saiua2130840

タイのはちみつが味わい深くて、ブルーチーズが練りこまれたパンと共に。

Saiua2130841

スパイスが入ったグリッシーニのような食感のパンも。

Saiua2130842_2

道具は使わないとね。

Saiua2130843

先ほどの鮭が入ったソムタム。

Saiua2130844

パオロ・カーリのマンドラゴーラ。

Saiua2130845

食べつつ飲みつつ作りつつが楽しい。

にしても、そのバターの量?

Saiua2130846

メープルシロップも入って、甘じょっぱい。
罪悪感満載ながら、食べるのを止められない海老と鶏肉とセロリの炒め物、セルバチコ添え。

Saiua2130847

チャヴォリッチ(?)のペコリーノ。

Saiua2130848

ジローラモ・ルッソのエトナ・ロッソ 2010。

Saiua2130849

6人だったよね?

しかも、途中で1人別件に旅立ったよね?

Saiua2130850

さらにスープ。

トマトとパクチー入り。

Saiua2130851

で、まだ飲む。

グルフィのネロブファレフェル 2007。

皆様、ありがとうございました!
サイウア会、定例化してください。

2013年8月17日 (土)

東京湾花火大会鑑賞会

Hnb130801

夏の夕暮れ、お馴染みの粋なお宅に集合。

Hnb130809

乾杯は、クリュッグ!!

ああ、美味しいシャンパンは、本当に美味しい。
ご相伴にあずからせていただき、ありがとうございます。

Hnb130802

飲み食いしながら、花火の開始を待とう。

こちらのお宅の皿がまた、素敵で、それも楽しみの一つ。

Hnb130803

スヌ教室のアレンジ版。

豆苗とカブのゆかりサラダ。

Hnb130805

カブとインゲンマメのピクルス。

Hnb130806

オギノのパテやレバーペーストもふんだんに。

Hnb130804

カボチャのパルミジャーノ焼き。

Hnb130807

牛肉とゴボウ、実山椒の炒め。

Hnb130808

枝豆も欠かせない。

Hnb130810

山芋と海老、枝豆を海苔で巻いて揚げたもの。

こういうの大好き。

Hnb130811

ミョウガとショウガの自家製ピクルス。

Hnb130812

こちらも、自家製。
ピクルスはいくらあってもいい。

Hnb130813

ドメーヌ・ソガのメルロー 2010。

深い。

Hnb130814

ラ・ピエレレのシャブリ。

Hnb130815

カステッロ・ディ・アマのハイク 2009。

Hnb130816

ヨンキーのピータンを使ったピータン豆腐。

クリーム状の黄身。

Hnb130817

台北の永久號のカラスミまで!

美味しいものしか出てこない。

と、

Hnb130818

始まった。

ベランダに移動。

Hnb130819

Hnb130820

途中、ビールを取りに行きつつ。

Hnb130821

Hnb130822

Hnb130823

ああ、夏はやはり花火を見ないと始まらないし、終わらない。

いつも素晴らしい場所で見せていただき、感謝でございます。

Hnb130824

さて、宴の続き。

カラスミはそのままでも美味しいが、

Hnb130825

バターとディルと一緒に大根でくるんで食べるのが、麻薬的。
肥満の元なのを知っていても、食べずにはいられない。

Hnb130826

水菜、ニンジン、ヒジキ、枝豆のサラダ。

Hnb130827

ジャガイモとソーセージ。

Hnb130828

ユドロ・バイエのシャンボール・ミュジニー、ヴィエイユ・ヴィーニュ 2010。

Hnb130829

スイカ丸ごと。

Hnb130830

これぞ、夏。

花火、美味しいお酒と料理、楽しい会話、新たなハマりものを誘発しそうな録画まで見せてもらって、帰りには漫画も借りた。

最高じゃないか。

家主様、皆様、ありがとうございました。

帰りの電車で、漫画を読んでいて乗り過ごしたのは、満足度に比べれば小さきことです。

2013年7月31日 (水)

隅田川花火大会

去年は花火を見られなかった。
今年こそは逃すまい。

と、浅草在住の友達が、絶好のポジションでの花火鑑賞会に参加させてくれるという。

Hanabi130701_2

乗り切らない量のごちそう。
これを準備するのは大変だっただろうなあ。
感激です。

ローストビーフやスパニッシュオムレツ、松風焼き、ミートローフ、からすみ大根、煮卵いくらやらと並んで、

Hanabi130702_2

具だくさんのホタテのヤムや、

Hanabi130703_2

ソムタム、

Hanabi130704_2

タイ風イカの塩辛、コームーヤーンなど。

さすが、ティッチャイ・タイフード仕込み。
花火が始まる前に飲み食いで盛り上がる。

驚いたのは、タガメのナムプリック。
強烈に辛いのだけど、独特の香りと旨味があるが、臭くはない。
作る時の匂いが強烈すぎて日本では無理と、タイから持ち込まれたもの。

Hanabi130705

ビールやワインの他に日本酒も。

まんてんが夏にぴったり。

Hanabi130706

さあ、花火見物の用意をしよう。

第一会場と第二会場の間、両方が見える素晴らしい立地。

Hanabi130707

こんな場所で隅田川の花火が見られるなんて。

Hanabi130708

至福。

Hanabi130709

始まった!

Hanabi130710

が、天気予報通り、黒い雲と冷たい風がやってきて、

Hanabi130711

豪雨。

Hanabi130712

そして中止。

避難してTVをつけたら、中継場所が雨漏りしてるほど。

何はともあれ、ちょっとでも、光と音の時差のない場所で花火を見られてうれしかった。

というわけで、宴会再開。
美味しく楽しい会であることに変わりはない。
いつも思うのだけど、感謝すべきことに、友達には料理&もてなし上手が多い。
片づけを含めると、会を開くのは面倒に違いないのだが、たびたび場を、料理や酒、人の繋がりを提供してくれる。
自分はその恩恵にあずかるばかりだ。

いやー、良い夏。
ありがとうございました!
来年もよろしくお願いします。

2013年7月28日 (日)

タイ料理の鉄人 @かえるハウス

Kaeru130701

扉を開けるとそこは、かえるハウスだった。

洒落たインテリアのそこかしこにかえる。
庭にもかえる。
そんなお宅で3人のタイ料理マスターが腕を揮う会が開かれるのだそうだ。
しかも、うち1人はインドネシア料理マスターでもあるという。

ビールやワインなどは全てかえるご夫妻が手配してくださるとのこと。
ありがたや。

Kaeru130702

時間を間違えて1時間早く着いちゃいました。

シンハーを飲みつつ、準備の見学。

まずは、お馴染みタイマスターくみこさんのお料理から。

揚げた小魚とピーナッツ。
揚げバイマクルーの香りの良いこと。

Kaeru130703

くみこさんのこの料理、大好き。

豚の耳やwarmerwarmerさんの野菜を、

Kaeru130704

ナムプリックガピや、

Kaeru130705

タイ産青唐辛子のナムプリックでいただく。

特にガピが好きなんだよなあ。
アンチョビに通じるものがある鄙びた旨味の凝縮。

Kaeru130706

さらにタレ。

奥は自家製スイートチリ。

Kaeru130707

カツオはアボカドのヤムと一緒に食べる。

Kaeru130708

春巻きの皮に豚肉とトウモロコシ。
スイートチリをつけて。

Kaeru130709

他の2人のマスターたちは遅れているけど、ひとまず乾杯。

Kaeru130710

クリスチャン・ビネールのクレマン・ダルザス 2008。

ワインは銀座屋酒店の店主さんに「タイ料理に合わせて」とセレクトしてもらったものだそう。

Kaeru130711

カボチャの蔓って、初めて食べた。
あのホコホコと粉っぽい口当たりがある。

かなり辛い味噌的タレで。

Kaeru130712

ヴァンサン・リカールのル・プチオ 2011。

Kaeru130713

アントワーヌ・ジョバールのブルゴーニュ・ブラン 2011。

Kaeru130714

マスター2人がやってきた。

くみこさんともども、料理開始。

Kaeru130715

こちらは、揚げたゆで卵をトマトチリソースで絡めたインドネシア料理。

検索したら、ブンブバリというものの様子。

インドネシア料理って、ナシゴレンとサテくらいしか知らないから、本格的なものを食べられて、うれしい。

Kaeru130716

カオマンガイのご飯も、鶏出汁だけでなく、ハーブたっぷりで炊く。

Kaeru130717

モロー・ノーデのシャブリ。

Kaeru130718

カイランと豚のサラダ。

Kaeru130719

サテ登場。

豚のサテと、魚3種くらいのサテの2種。

Kaeru130720

つける自家製サンバルソースのフレッシュなこと。

土産でもらって持て余すものの筆頭格ながら、ちゃんと作ると美味しいのですなあ。

Kaeru130721

裂いて揚げたレモングラスののった海老のヤム。

タイ料理は清涼感ある香りが楽しい。

Kaeru130722

キクラゲと柑橘類のヤム。

皆様のおかげさまで、ヤムの幅広さを知った。
具によって使うハーブが異なり、多様だ。

Kaeru130723

シャトー・ド・ロレのクレマン・ド・ロワール。

Kaeru130724

ヴァンサン・リカールの泡。

Kaeru130725

さらに泡。

アルベール・マンのクレマン・ダルザス 2011。

Kaeru130726

来た!

カオマンガイ。

Kaeru130727

鶏しっとり。
でも、香り高いご飯にタレをつけて食べるだけでも旨い。

Kaeru130728

カラヴァリオのサリーナ・ビアンコ 2011。

Kaeru130729

スパイスとハーブをまぶして焼いた鶏。

Kaeru130730

えーと、そろそろ記憶が…。

Kaeru130731

ゼリージュ・キャラヴァンのヴェルヴェット。

Kaeru130732

ルイ・ジュリアンのヴァン・ド・ターブルは1リットル。

Kaeru130733

豚のスープでほっと一息。

Kaeru130734

ドメーヌ・ド・ラ・ヴィエイユ・ジュリアンヌのドーマン、ル・セカトゥール 2009。

Kaeru130735

久しぶりの四恩。

クレマチスのロゼ。

Kaeru130736

鶏のグリーンカレーは素麺で。

Kaeru130737

シャトー・ラ・バロンヌのル・ノワール No2。

Kaeru130738

ル・オー・メドック・ド・ジスクール 2008。

記憶、この辺りからないです。

Kaeru130739

イカとセロリの炒め、食べたんですねえ。

Kaeru130740

作ってるところも写真撮ってますねえ。

Kaeru130741

美味しそうだこと。

Kaeru130742

まだ飲みますか。

Kaeru130743

窓辺まで。

いやー、美味しかった!楽しかった!
タイ料理をこうやって食べさせてもらうようになって、その真価を知った。
以前は、どこで食べても不味くはないが感動もないという括りだったが、もはや吟味された確実な店にしか行けない。
今回は、インドネシア料理に対する興味が喚起されもした。
かえるご夫妻、マスター様たち、そして、ご一緒した皆様に御礼申し上げます。
またぜひ末席に加えてください。

どうやって帰ったのかわからないが、電車に乗らずにタクシーで帰ったと思しき金額の領収書が残されていましたよ。
まあ、それ以上の価値がある会だったということで。

2013年7月27日 (土)

7月生まれの会

いつも会を開いていただき、ありがとうございます。
すべてお任せしっぱなし。
自宅の次に食事をさせてもらっているお宅へ。

この日は、7月生まれの祝い。

Leone130702

D. Henriet Bazinのロゼ・シャンパンで乾杯。

Leone130701

アリス・エ・オリヴィエ・ド・ムールのブルゴーニュ・シトリー 2011。

料理上手なご夫婦宅なので、持参するのは飲み物だけ。

Leone130703

塩、オリーブオイル、柚子にミントだったかな。
それで食べる白身が旨い。

Leone130704

エリンギの和え物。
新鮮なエリンギ使い。

Leone130705

茄子とわかめとズッキーニ、ミョウガやら。

こういうのは止まらないよねえ。

Leone130706

どうしても鰻が食べたかったという方の差し入れ。

Leone130707

クワトロ。

Leone130708

スヌ教室で習ったもを、早速活用されている。

使ったぽん酢は、スヌ教室の生徒さんが最近、京都で出会い、大推薦されていた齋造酢店の「花菱 味ぽん酢」。
出汁が効いていて、漬けに向いている飲める系ぽん酢だ。

Leone130709

セロリ、ジュニパーベリー、黒胡椒、ピンクペッパー、酢で牛肉を。
これ、詳しい配分を知りたいです。

Leone130710

ごっそりパクチーの下には、しっとり蒸し鶏。

Leone130711

いんげんと挽肉をごま油、ザーサイ、干し海老で炒め、最後にレモンとミント。

夏の食卓は酸味のバリエーションが豊かであるべきと学ぶ。

Leone130712

欲しいものがタイミング良く出てくる幸せ。

Leone130713

と、宴たけなわのところで宅急便が届く。
中身は旦那様のご実家製白ソーセージ。
しっかりドイツ風で、カレーパウダーとケチャップでいただく。

偶然なのか、何なのか。

Leone130714

海老もプリっと。

今後ともよろしくお願いいたします。

2013年7月26日 (金)

謹んでお祝い申し上げますの儀

Isism130701

たいへんめでたきことあり。
お祝いの宴を、スヌさん宅で。

参加できない方がお送りくださった泡で乾杯。

Isism130702

ローラン・ペリエ。

Isism130708

小さな夏らしい前菜。
ウニのゼリー寄せ。
こういう料理をさらっと出すのが、さすが。

下にはパプリカ入りクリームチーズ。

Isism130705

レンズ豆のサラダには、オクラとレタス。

Isism130707

ブリカルパッチョ。
プチトマトのポン酢ピクルス、柑橘(なんでしたかね?)、パクチー、コリアンダーシード。

Isism130703

集った方々も色々と持参。

切り干し大根の黒ピクルス。

Isism130704

ちくわマヨじゃこ七味。

マヨが主張しすぎず、つなぎとしていい仕事している。

Isism130706

これ、なんて名前でしたっけ?
フィリピンの料理。

甘く熟したマンゴーに酢、唐辛子、ニンニクを和えていて、不思議にしっくりと美味しい。

Isism130709

私は土産も兼ねて、完熟山羊カマンベール。

Isism130710

ツォップのつまみになるパン各種。

この日のチャバッタは枝豆チーズだった。

Isism130711

いやー、めでたい。

Isism130712

まだまだ乾杯。
ビルカール・サルモン。

Isism130713

鶏肉に、片方はえのきとピマン・デスペレット、もう片方はボルディエの海藻バターを巻いて蒸し焼き。

Isism130714

お子様方も、手作りの料理でもてなしてくれるとか。

Isism130715

チーズに合うよと、トマトジャム。

Isism130716

がっこチーズはグラダン仕立て。
大人用には、黒こしょうを挽いて。

どちらも一捻りあり、しかもつまみ用って。
スヌ子イズムを継ぐ者たち、末恐ろしや。

Isism130717

ルイ・ロデレールのロゼ。

Isism130718

生カリフラワーの歯ごたえを活かしたローストに、クミンシードとアリサパウダー。

生なカリフラワーが新鮮。

Isism130719

ドメーヌ・デ・ヴァランジェのマコン・フュイッセ。

Isism130720

タコのトマト煮込みにはソーセージも入って、旨味を織重ねてる。

Isism130721

ルイ・ラトゥールのシャブリ。

Isism130722

牛ステーキ肉とゴーヤ。

ゴーヤの苦味が牛の脂を中和。

Isism130723

肉なので赤、シャトー・テシエ。

Isism130724

と、魚も焼けた。

Isism130725

タイムと一緒に焼いたイチモチに、ライムとミント。

皿鉢料理サイズな大皿で。
こういう巨大な皿、見栄えがして使えますなあ。

Isism130726

ならば白に戻る。
バロン・ガシェのアルルカン。

Isism130727

先ほどのタコ煮込みのスープに生パスタを投入。

Isism130728

出汁を吸い込みまくったパスタで、この料理が完成するのかもしれない。

Isism130729

サーモンのレモンクリームパスタ。

Isism130730

2色のメロンのパンチ。

Isism130731

お酒たっぷりしっとりなオレンジのパウンドケーキには、さらにコアントローを足して。

Isism130732

まだ飲む。サボール・レアル。

Isism130733

栗の蜂蜜(だったような)に漬けたナッツなど。

いやはや、こんなに楽しく美味しい祝いの宴に参加できて、めでたきことのおすそ分けをいただいた気分。
ありがとうございます。

Isism130734

おめでとうございます!
ますますのご発展をお祈り申し上げます。

2013年7月16日 (火)

サイウアを作って食べる会

Saiua130601

どこここ?

Saiua130602

何屋?

Saiua130603

で、どこに行こうとしているの?

 

 

そんなお馴染みのお宅で開催、「第一回あのサイウアおばさんに習うサイウア講習会」。

「四谷三丁目のサイウアおばさん」と名乗る方に教わりつつ、作って食べて飲むのだ。
レシピは、メイ先生のもの。
よろしくお願いします。

Saiua130604

まずは、ビールを飲みつつ落ち着こう。

生徒は3名、自分以外は料理上手揃い。

茄子とピーマンの揚げ浸し。

Saiua130605

茎わかめでしたっけ?

しょうがと合わせてポン酢ベースのタレに漬けてある。

シャッキシャキの歯ごたえと酸味が夏に最適。

Saiua130606

完全に高級タイ料理屋なセッティング。

Saiua130607

イワシの酢漬け。

前に別の友達が持ってきて美味しかったものを、取り寄せてくれたそう。

Saiua130609

東急フードショーからやってきた南蛮漬け。

この甘味が、タイ料理で麻痺した舌の避難場所として、後から役立った。

Saiua130608

山形から届いたさくらんぼと、山羊カマンベールを持参しましたよ。

Saiua130610

見たことのない洗練されたボトルの高級ナムプラーがやって来た。

Saiua130611

お耳も。

Saiua130612

他の皆様はタイ料理を作り慣れているので、サクサクとそれぞれに料理を進める。

Saiua130613

そして、サイウア。

生の根っこ系スパイスをフープロで刻みつつ撹拌し、粗挽き肉とハーブと合わせる。

Saiua130614

腸詰め作業を一人でするのは、ちょっと難しい。

空気が入ると、焼いている途中に破裂してしまうそうだ。

Saiua130615

押し出すのも、けっこう力がいる。

Saiua130616

サイウアおばさんのガイドのおかげ様で、きれいな腸詰が完成。

オーブンで焼けるのを待ちつつ、タイ料理を食べよう。

Saiua130617

さすが、その場にあるもので旨いタイ料理を作る人々。

このイカの炒めで、タイ料理の炒め物について学びましたよ。

青マンゴーの千切りを添えたのも当たり。
酸味がイカのコクと合う。

Saiua130618

青マンゴーと豚耳のヤム。

シャクシャクと酸っぱい青マンゴーと、コリッコリの豚耳。
タイの鄙びたような風味のタレの具合の良いこと。

Saiua130619

ヤムママー豪華版。

この方の作るヤムママーが旨いんだ。

エビや豚肉、オクラなど、具だくさん。

Saiua130620

夏だ。

Saiua130621

ワインは発泡の、パント・デ・クティのペティル・グリ。

タイ料理に合いますなあ。

Saiua130622

サイウアもこんがり焼けました。

Saiua130623

この香り、そしてビジュアル。
そそる。

Saiua130624

旨っ!!

バイマクルーざくざくで、爽快な香りが鼻に抜ける。
辛いけど、舌が麻痺するほどでない。
サイウアって美味しいもんなんですなあ。

Saiua130625

「サイウアに合う」と言って持ってきてくれたワインが、本当によく合う。

テルツァヴィーアのルーチド。

Saiua130626

カニカッティのグリッロ、アクイラエ。

Saiua130627

スペアリブのタイスープが浸みる。

途中でスープが欲しくなる性分なので、ありがたい。

Saiua130628

酒が回り始めると、新たな組み合わせを発見したりするもの。

サイウアにトロトロな山羊のカマンベールをのせたら、旨い。
匂いの強いもの同士、相手にとって不足なし。

そんなこんなでサイウア完食。

Saiua130629

あ!昧珍!

家主様が取り寄せてくれていましたとさ。
感謝!

Saiua130630

じゃあ、赤ですな。

グルフィのネロブファレッフィ 2007。

グルフィのワインはいつも裏切らないが、これはさらに滑らかで美味しい。

Saiua130631

しばらく放置してトロットロにした頭。

Saiua130632

尾。

やっぱり秀逸だね。
これだけペッタペタなのに、食後感が軽い。

Saiua130633

さらに、コス、チェラスオーロ・ディ・ヴィットリア 2009。

Saiua130634

酒と盛り上がりでクリエイティブになった方が豚耳サラダにさくらんぼを加えたら、最後のピースがハマったような合いっぷり。

アンズや桃でもいけるかもしれない。

いやー、食べた飲んだ。
またサイウア会、やってくださいませ。
ワイワイと作りつつ食べるのが最高だもんな。

Saiua130635

おや?

あれだけ飲み食いしたのになぜ?

Saiua130636

時間が早かったから、ちょろっとね。

Saiua130637

焼きそば食べつつ、隣席の方がアサリの酒蒸しを3皿平らげるのを眺めたり。

皆様、ありがとうございました。

2013年6月13日 (木)

おしゃれハウスでの集い

Tkh130601

写真を撮らずにはいられないテーブルセッティング。

Tkh1306012

このメンバーは、飲む人が少ない。

ベッラヴィスタのピンクの泡と、ピエール・ルスのファンフルルーシュ。

Tkh1306013

わざわざ実を外してくれたというトウモロコシソテー。

Tkh1306014

切干し大根の紹興酒漬け。

Tkh1306015

このメキシカンなサルサが美味しくてね。

何にでも合わせる。

Tkh1306016

ご一緒した方の手土産は、フェルミエのチーズ。

盛り合わせで2,000円って、そりゃお得だわ。

Tkh1306017

春菊のサラダ。

Tkh1306018

その場で成形されているのが、

Tkh1306019

メキシカンソーセージ。

こういうの、好きなんだよね。

Tkh1306020

もちろん、アボカドのサラダも。

Tkh1306021

青唐辛子の紹興酒漬けだったかな。

辛いけど、舌が使い物にならなくなったりはしない。
ビリっときて、すぐに引く。

Tkh1306022

「食べる人たち」ということで、さらに肉料理を用意してくれていましたとさ。

こちらの角煮、八角の香りがして美味しいのだ。
豚肉も気を付けて選んでいるそうで、しっとりとやわらかく、かつ軽い。
My best KAKUNI.

Tkh1306023

そして、このカオマンガイに悶絶。

ショウガが効いたご飯は、茸が歯ごたえ的に良い仕事してる。

Tkh1306024

パクチーもっさりな鶏肉には、実山椒と胡麻をすり合わせたソースをかけて。

Tkh1306025

このソースのビリビリ、たまらない。
詳しいレシピを教えて下さいませ。

Tkh1306026

皆様がケーキを召し上がっているので、デザートワインをいただく。
ミステラ・モスカテル。

周りに料理上手な友達が多くて幸せ。

ご馳走様でした!

より以前の記事一覧

カテゴリー

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ